のこのこ茶ぶろぐ

chaoruko@HatenaBlog(旧:脊髄反射でオブラート)

名探偵コナン 三人の声

Huluで名探偵コナンをたらたらみている。夕方以降の家事のBGVにちょうどよい。声優さんがうまくてみんなたくさんしゃべる。どうなっているんだと画面をみにいくこともあるけど。だからちょうどよい。 むかしから気にはなっていたけど見ている作品ではなかっ…

視野は欠ける

視野が欠ける、かもしれない。いや、もう欠けている。どっちだろう。かもしれない。 40才になる前から、緑内障である。病気というのは千差万別十人十色、患者の数だけ容態と治療がある、のだが、自分は目薬をしている。していても、じりじりちょおっとずつ…

原稿用紙から

原稿用紙の四角いマス目を埋めるのは楽しい。いかにも書いているという感じがあってとても楽しいのだが、そこだけに悦楽を見いだしていると、長い文章は書けなくなる、もとい、いつまでも書けない。 ある程度の長さを書くとき、起承転結とか、話のオチのよう…

湯たんぽについて

家には湯たんぽがふたつある。同じ大きさ、デザインで色違いだ。一つはすでにもっていたのに、人から同じ別のものをもらった。ゴム製にフリースの布カバーをかぶせているもので、昔ながらのUFOみたいなかたちのものではない。 とある洋画の舞台裏映像で、…

手帳について

手帳やノートを最後まで使いきらない悪癖がある。かつ、文房具やでよさそうなものを見ると、買ってしまう。だから使いかけのノートがどんどん溜まる。どれもけっこうな値段のものばかりだ。 ちょっと使っているので、人に譲るわけにもいかないし(譲るような…

『BANANA FISH』発表会の感想めそめそひとりごと

19時になるのをワクワクテカテカしながら待っていたら、いきなり家のWi-Fiがおちてあわててつなぎなおし、そのあともつながりがよくなくて、肝心のキャスト発表の瞬間、PVがでる瞬間を見損ねて、ちょっとおくれたら野島健児さんの名前だけ視界にはいり「おお…

ムーミンの声や吹替についてあるいは野島さんと白熊さん

(敬称略) ムーミンの声といえば、誰ですか? 高山みなみ!、ではなく、岸田今日子なのです。 絵が怖いとか原作者がなんとかいおうと、とりあえず岸田今日子だ!。 よって、高山ムーミン(作品全体)がてっぱんではない。確かに高山ムーミンは、アニメーシ…

観ていて楽しいカーリング

カーリングがみていて楽しい。ルールはなかなかむずかしいが。 選手の顔がよく見える。ウィンタースポーツは顔がみえてないことが多いので。 ものすごく頭を使って集中してる人の顔が見られる。 かつギスギスしない、リラックスした顔でもある。 のんびりみ…

『同級生』感想

AmebaTVで配信ときいて。 以前から傑作との噂をみかけていたし、野島健児さんでているので気になっていた。 www.dou-kyu-sei.com 絵も色もとても美しいし、よく動く。主人公たち以外の、他の人物や小物がちゃんと動いて描かれている。間合いなども素晴らしい…

はてなブログからはてなハイクに投稿したらはてなハイクに投稿できなくなった?

「はてなハイク」はもうはてなの正式なサービスではないらしいのだけど、 「指定日時で予約投稿する」にすると 「公開と同時にシェアする」に「はてなハイクに投稿」がでてきて自動投稿ができる。 いままでになんどか使っていたのだけど。 それで。 ついさっ…

新宿伊勢丹でバレンタインのチョコを買うという

疲れてしょほーんと泣きそうな気分になりながら、足の痛みと戦いながら、任務を達成してきた。 なんのかんのと申しまして、バレンタインは結局ゴディバが最強なんすけど、それでもがんばってほかの何かを探しに行く。何か、それ何か意味があるの? 意味など…

ブログのタイトル変えた

ブログのタイトルなんてなんでもいいようでよくない。 『脊髄反射でオブラート』はいまいちだとずっと思っていたがしっくりくるものがなくてこれにしていたが。 改名を提案されたので変更する。

魔女が小さき者を育てること(駄文)

忍たま好きでシンカリオンみていてなにいうかと言われそうだが、自分はショタ好きではないらしい。そうじゃないかと思った頃もあったが、今回ツイッターでふしぎなハッシュタグをみてその自覚を新たにした。 魔女が、幼児をひろって、それがのちのちいい男に…

ブリューゲル展で石田彰の音声ガイドを聴いてきた

(敬称略)ブリューゲル展で石田彰の音声ガイドを聴いてきた ブリューゲル展 画家一族 150年の系譜|東京都美術館特設サイト 【公式】ブリューゲル展 画家一族 150年の系譜|日本テレビ 展覧会での音声ガイドというのは、いままで一度も体験がない(はず)。…

声優さんめも:聖闘士星矢の派生作品

huluで『聖闘士星矢 THE LOST CANVAS 冥王神話』を流し見している。むかーしむかし聖闘士星矢が好きで、単行本も途中まで買っていたから。 新しい聖闘士星矢は、というか、派生作品がたくさんあるようで、何がどうやら、もうあまりオリジナルを意識していな…

理想的な続編『キングスマン:ゴールデン・サークル』

映画『キングスマン:ゴールデン・サークル』公式サイト 大ヒット上映中! やっとみにいけたうれしい! なかなかタイミングがあわず挫折しかかっていたがよかった。IMAX2Dではないけど、まあまあの大きさのスクリーンでみられたのもよかった。 ネットにはい…

吉永小百合のラジオ

(敬称略) たまたまはじめて聞いたときは、さすがに吉永小百合はなぁ〜…なんて風呂場で呻いていたけど、さすがに吉永小百合である。何かを朗読しているときに、ふと気がつくと聞き入っており、おそるべし吉永小百合!、とおののいた。 さいきん、堺雅人がゲ…

アニメの記憶

鬼太郎ちゃんがまたアニメではじまる。鬼太郎は好きだけど、いわゆるアニメファン的に好きな作品ではない。どの声優さんのときがいちばんいいとか、そういうのもわからない。 田舎に住んでいたので、中学が終わるまでは、アニメ事情は悪いというか時空がゆが…

電王とシンケンジャー

とくさつ界隈につっこんできたきっかけは、トッキュウジャー(厳密にいえば、大口兼悟さん(T_T))。なので、電王とシンケンジャーはずっと気になっていた。 電王は人気めっちゃくちゃ高いし。 そうこうしているまに、Huluで全部配信はじまって。なぜか関俊彦…

iPhoneのバックアップはふだんはどうしておけばいいか私的メモ

スマホはいつ亡くなったり壊れたりするか、それは誰にもわからない。機種変更のときだけ、バックアップをとったり移行準備をしていても、ダメなのである。 けつろん iCloudにはいり、毎日バックアップをとる。バックアップ対象に写真はいれない。 AppleIDと…

の日記

近所のちっさいスーパーにビールを買いに外に出たら、とっぷりくれそうな寸前で空のはしにオレンジ色が残っていて、大寒波の空気は冷たすぎて肺に入ってくるとやがて咳が出てきた。過剰反応だ。 午前中から昼間はiPhone8の設定をしていて、だいたいのアプリ…

怖くないけど気になる結膜下出血

31日。朝起きたら片眼が半分鮮血に染まっていた。ホラーかな、ゾンビかな。おお怖い。だいぶびっくりする現象だが、これはたぶんそうあれ、あれなのよ。十数年前に一度なったことがある。見た目はすごくてびっくりするけど、医者にいけば、「放っておく」…

アニメ『けものフレンズ』を観た(ネタバレあり)

Huluで『けものフレンズ』を最後まで観た。 ケロロ軍曹が好きなのもあって、ゲームはやってないけど、アニメになる前から知っていた 評判がすごかったので期待しながらみはじめた 流行り方、熱狂ぷりは、マドまぎのときに似ているな〜と思っていた。みはじめ…

楽に楽しく室町時代に親しみたいメモ

楽に楽しく室町時代にもう少しお近づきになりたい。動機の一つは忍たまだが、中国の宋とか好きだし(といういいわけ)。 世界史選択だったし、日本史とても縁がないので。 とくに、室町時代の、忍者とか、人々の暮らしとか、妖怪とかについて知りたい。政治…

CHEMISTRYツアーWindy初日感想追加

CHEMISTRY(川畑要、堂珍嘉邦によるテラ実力派イケメンボーカルデュオ) LIVE TOUR 2017-18「Windy」初日感想の続きというか、思い出したことなど蛇足など。もっと頭が悪い感想です。ネタバレもです。 ヘンタイぽいかもしれないのでお好きな人以下どうぞ。

CHEMISTRY LIVE TOUR 2017-18「Windy」初日感想

ケミストリー(川畑要、堂珍嘉邦)によるテラ実力派イケメンボーカルデュオのぶいぶいなライブに行ってきました。 頭が悪い感想です。ネタバレばんばんです。 文章中、めちとうずさんなのは深い意味はありません。 会場 カルッツ川崎 駅から遠い。バスはまあ…

いまさらだけど『仮面ライダー電王』が

Huluで『仮面ライダー電王』を見はじめてしまった。2話だけみてとっておいたのに…。おめあては関俊彦さんで、とても人気がある仮面ライダーであるとはなんとなくしっていたが、予想をはるかにはるかに超えて面白い。 (波岡一喜さんがかわいくて困る) おど…

さだまさしの炎上ソング特集

さだまさしの炎上ソング特集で関白宣言。なぜ炎上するか聞き耳をたてたら、イラっとくる歌詞のところ以降、そこの内容が気になって、最後まできいてもメロディや歌詞が頭に入ってこなかった。音楽は感情に訴えかけるが故に、たとえその先の歌詞をわかってい…

声優さんめも:山口勝平さん(あるいは牧之介めも)

以前からいろんな役で知っていたはずだが、バキーンと認識したのは、『烈車戦隊トッキュウジャー』のチケットくんでナレーションだ。戦隊シリーズを久しぶりにみはじめたこともあった、声優さんには「特撮のナレーション」というお仕事もあるのか!、という…

某文豪たちがでてくるゲームがきっかけで

某文豪たちがキャラクター化されてでてくるゲームがきっかけで、織田作之助という作家を把握し、『夫婦善哉』の作者としり、『夫婦善哉』を読んだ。大阪のこってこての話だな〜と読み始めたが、とちゅうから謎のグルーヴ感もあって、加速して読めた。なにが…