茶ぶろぐ

chaoruko@HatenaBlog

ドイツ語を2週間やってみた

 ドイツ語が少しだけでもできるようになりたくて、2週間やってみた。
 もともと音楽とか合唱とかで、ドイツ語には多少ふれているが、ちゃんと勉強したことが一度もない。なぜなのか、なぜフランス語をとったのか。(ドイツ語は大昔に本を買って全然さわらないままにどっかいった)
 今回は2週間がんばってみた。2週間のうち何時間勉強したかというと、6時間もやっていないかもしれない。草が生える。笑ってしまう。


 しかしながら、驚きはいろいろある。そのなかの最たるものでありかつ非常に不気味な感覚にすらなるのは
「動詞の位置」
だ。


 はああ……?

と、警戒しながら驚いてしまう。

「2番目」

 2番目ってなんだ。主語のあとってことかい。

 ちがうのよ。とにかく文の2番目なのよ。

 へあああ……??

 低い声でうなる。
 まだ感覚はそんなにわかっていない。
 だが2番目であるという。


 うまく説明できるほど勉強していないのだけど、英語をちびちびやっていると、その「2番目が動詞」というその奇妙キテレツさがじわじわくる。
 なんだろうねえ、これはいったい。面妖奇々怪々。


 むかしからあるジョークで、動詞の位置が違ったからドイツは戦争に負けたというのがあるけど、それがいまいちどういうことなのかわかっていない。
 英語でGOといえるところが、日本語だと「行け」 なので「け」まで聞かないとわからないから、そのぶんおくれるとか、そんなはなしだったっけ。まあジョークだからたいした話じゃないんだろうけど。


 その他、驚いたのは

  • ドイツ語の話し手は意外と少ない(フランス語は多い)らしいこと
  • youtubeにドイツ語の勉強動画がほとんどない。自分がたどりついていないだけかもしれないが、たどりつけるほどに盛んでないこと

 などである。

 オケなどやってると、ドイツ語がぶいぶい幅をきかせているような錯覚に陥っていたが、たしかにそりゃあ、しゃべる人口は少なそうだ。
 他の言語にうつつをぬかさず、英語をもっとやればよいのにとも思うが、なんつうか極められない、気が散るタイプで、ばっかりやってると何をやっているかよくわからなくなってしまうし、単純にドイツ語がもう少しわかるようになりたい。だって読めないんだもん。独学ではしれているだろうけど。

 ところで最近気になっているのは、バッハのモテットなどのドイツ語の歌詞は、いまのドイツ人がへいちゃらで読める現代ドイツ語と同じなのか、ということである。なんでそんなこといままで考えなかったんだろう。ほんとアホのこだ。


いつになったら辞書など買えるのだろうかマジで。
アクセス独和辞典 第4版 | 在間 進, 在間 進 |本 | 通販 | Amazon


ハイジ、ドイツかと思ったらスイスだった。スイスドイツ語ってなんすか
アルプスの少女ハイジ (角川文庫) | ヨハンナ・シュピリ, 松永 美穂 |本 | 通販 | Amazon

EIKOさんのバイオハザード実況

狩野英孝【公式チャンネル】EIKO!GO!! - YouTube
(オープニングがなぜか音量が小さいという謎の特徴あり)


 もともとゲームは観るものなのですが。EIKOのゲーム実況は、いったいなにがなんだかどうしてこんなにというほど面白いです。
 そこまで面白がる大きな理由として、本人が自分と年代が割と近い大人で中年である、ゲームの選択がいい、自分が見やすいチョイスをしてくれている、という点が挙げられます。

バイオハザード4」は猛烈に面白くて、危険です。リアルタイムでなくても、アーカイブをみていても気がついたら見入っていたり、爆笑しています。
 そもそも、ゲームが、バイオハザードというゲームが、めちゃくちゃ面白いという大前提は大きいです。
 EIKOさんは、そんなにゲームがうまくありません。ゲームをしな人がみても、かなりうまくありません。(それでも自分よりは、うまいとは思うんですが。)あんまりうまくないうえに、リマスターなどしてあるゲームとはいえ、昔のゲームなので、いろいろ四苦八苦しています。なんどもすぐにやられます。それゆえに、見ている人たちは、爆笑しながらもイライラもします。それがなんだかクセになります。麻薬だ。

 ゲームをみながらコメントしている人たちは、EIKOちゃんのへたれ無用心無頓着ぶりにイライラしたり、こうしろああしろと書き込む人もいます。EIKOさんは基本的には「自力でやりとげる」方針です。行き詰まったらアドバイスをみます。そういう方針だっていってるのに、罵倒しながらネタバレを書き込むひともたまにはいるみたいですが。ほとんどの人は「ああ、そこは難しいよね」と、しみじみ自分を振り返りつつ、EIKOを応援しています。
 EIKOは悪戦苦闘しながら、神がかったプレイを連発します。全世界で?バズってしまったあたりは、危険なほどに笑い転げました。どうしてあんなことになるのか。

 実況のテンションは普通ですが、「アーッ!」とか「なんでー?!」とか、しょっちゅう、うかつな悲鳴をあげます。音量注意だよ。うまくいって調子にのったり、瞬殺されたり、無限ループかというほど秒殺を繰り返して投げやりになったり、楽しそう。親戚か近所の職業不明な兄ちゃんが昼間からゲームをやってなんかうかれたり騒いでる感じです。これが面白いか、ツボにはまるかは、たぶんひとによると思いますが、自分はあっています。

 見ていて楽しい、かつ、なぜか、妙に元気がでます。流しみできて、妙に楽しくて元気がでるコンテンツ。そんなの、このご時世、閉塞感ばりばりのつっまらないニュースばかりの世の中、めちゃくちゃありがたいじゃないですか。しかも長さもたっぷりある。
 ゲーム実況は、そのゲームをやっていない場合は、基本的には見られません。それだけは、悩ましいところですが。EIKOさんはバイオハザードやラストオブアスなど、我が家で観てきたものをやってくれるので、そういうところもありがたいです。(しょこたんFF7リメイクも面白かったけど、ゲームをやっている途中だったので、あとから遡ってみました。しょこたんの実況もだいぶおかしいです)
 ゲーム実況というのは、上手い人が神がかったプレイをみせるものだと思い込んでいたので、そういう点てもEIKOさんはすごいんじゃないかなと思います。誰でもゲームで遊んでいい、楽しんでいい。すごくうまくはない、ふつうに遊ぶ人でも、十分楽しいゲームがあるということも、よくわかります。

 かつバイオハザードは、ゾンビがでてきて云々ですが、そこまで怖い怖いばかりじゃないのも絶妙に素晴らしいゲームです。世の中には、ほんんとに怖くて、他人の実況でもみてらんねえよというゲームはあります。バイオハザードはそこらへんのバランスも絶妙。さすがです。


 EIKOさんはゲーム実況以外もときどき面白いです(全部見るほど熱心なファンではない)



 実況中伝説の謎のカウント突撃が発生した4。一番さいごのさいごもループと爆笑の連続。
Amazon | バイオハザード4 - PS4 | ゲームソフト


いまやってるのはこれかなあ
Amazon | バイオハザード オリジンズコレクション Best Price - PS4 | ゲームソフト

iPadとApplePencilが来た、で。

 我が家に唐突にiPadとApplePencilがきた。
 これでお絵かきし放題だぜ! かっこいいアイディアとか書けるぜ!


 とフワフワウキウキしたけど、実際はあまりつかっていない。
 一台しかないからだ。
 むかし一台しかなかったときは、全然十分に足りていたけど。
 iPadiPhoneみたいなもので、もう個人に一台のようなものなのだ。アカウントとか。
 Adobeとか、アプリ別のアカウントが逆に良い。iCloudだと、あれっすね。
 iPadでアカウント作れたらいいけど

 もうそれは完全にパソコンである。

 値段も安くない。やああすうううくうううなあああいいいい。

 私のMacはまだ新しい。

 いやそうはいっても、すべてにおいて初心者入門者だから、そんなに気にしなくていいと思うけどね。
 豚に真珠になるのか。


買おうかなどうしようかなと悩み続けてまだ買っていない本。

絵はすぐに上手くならない | 成冨 ミヲリ |本 | 通販 | Amazon


関係ないけど最近かった本。ハエ叩きになるなっつうんですけどね

ツァラトゥストラ(上) (光文社古典新訳文庫) | ニーチェ, 丘沢 静也 | ドイツの小説・文芸 | 本 | Amazon

YouTubeでクラシック音楽をちゃんと聞く観る

 クラシック音楽は、団体で聞こう。
 曲名で探して再生すると、違法アップロードの再生回数を稼いでしまうから気をつけよう。


 日本語なら「交響楽団」英語なら「orchestra」。ヨーロッパのオケは、英語でひっかかる。たぶん。

 全曲ガツッと上げてくれている傾向のあるチャンネル。教育動画もある。バッハ教会は網羅をめざしている途中のはず。(シカゴやオスローはまだちゃんと聞いていないので。そのうち)

 hr交響楽団ヒラリー・ハーンの演奏によるバイオリン協奏曲も公開している。観るべし。観たら幸せになれる。


 有名なベルリンフィルは、自前の高画質高音質の配信サービスを展開しているので、そちらも課金してしまえば思う存分に。専用アプリもあって日本語もほぼ完璧に対応している。
 ウィーンフィルとか、有名なヨーロッパの国立劇場系はそれぞれ自前のサイトでやっているような気がする。英語のあるサイトもあるけど、だいたいドイツ語。

こちらがとても参考になる。
コンサート無料ライブ配信スケジュール – ぶらあぼONLINE
ebravo.jp

 ドイツ語ができたらもっといろいろアクセスできるのかなあ。

バッハとヒューマンビートボックスと(オランダバッハ協会)

マツコの知らない世界』でヒューマンビートボックスが取り上げられていた。いくつものリズムとメロディという異次元のハイレベルなパフォーマンスをみながら、バッハの「無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ」を思い出していた。


いちばんゆうめいなシャコンヌ。パルティータ第2番ニ短調 BWV 1004の5曲目。BWVは後世の人たちによってつけられた、バッハの作品につけられた管理番号みたいなもの。「無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ」は全部で6曲で、ソナタが曲とパルティータが3曲。またそれぞれが数曲で構成されている。ややこしい。)

Bach - Violin Partita no. 2 in D minor BWV 1004 - Sato | Netherlands Bach Society - YouTube

 共通点は「ひとりでぜんぶ弾く」である。主なメロディも、対する旋律も和音もリズムもぜんぶ弾く(多分)。
 無理なことするなあ、まったく。


 人間の音楽演奏の傾向として、奏者として極めると「ひとりでぜんぶ」は必然的なあゆみなのかもしれない(てきとう)。
 バッハを聴くのもヒューマンビートボックスを聴くのも、あまりテンションとしてちがわない。かっけえーやべえすげーー!!、であり、曲に対する理解も同じくらいだ。
 バッハもどうみても、「おれすげぇっしょやばいっしょ」味がモリモリなので、よかったらきいてみてほしい。


 あ、でも、ヒューマンビートボックスシャコンヌをやられたら、そんなにテンションあがらないと思います。好みの問題。


 Netherlands Bach Societyのチャンネルはバッハがちゃんとした演奏でたくさん聴ける。音が柔らかくてききやすい。

 ソロではないが、テンション爆上げバッハといえばこれ。

Bach - Concerto for two violins in D minor BWV 1043 - Sato and Deans | Netherlands Bach Society - YouTube
 1分すぎたあたりから爆上げがはじまる。どゅふふふふ。


 これはもっと規模がでかくなる、マタイ受難曲。一年に一回第九のように聞けば幸せになれます。

Bach - St Matthew Passion BWV 244 - Van Veldhoven | Netherlands Bach Society - YouTube
 長いのでまずは一曲目だけでも。

 少年合唱と混声合唱というのが肝で。マタイ受難曲を聞くときは必ず児童合唱ありの演奏にしいよう(合唱が大人だけではなく、子供の合唱団がいる演奏がよい)。天国からお呼ばれ感覚の度合いが段違いだぜ。


参考記事:佐藤俊介(Vn)が名門オランダ・バッハ協会の音楽監督就任へ – ぶらあぼONLINE