茶ぶろぐ

40代のライフスタイル@TOKYOブログ

頭の良くなる漫画

 それ、自分の好きな漫画をあげているだけですよね?
だけれども。
 おすすめの漫画、好きな漫画、読むべき、必読、基本の、などなど、いろいろあるけれど、頭が良くなる、とは、どうなのか。


長さ的に読みやすい系


 ブラック・ジャックは1話完結で読みやすい。火の鳥はいろいろ話があるがぜんぶとはいわない、2、3個でも。
 ドラえもんも最初の5〜8冊ぐらいは。
 のんのんばあは1冊か上下巻くらい。ユーモアと抒情性があり、怖くないよ。
 萩尾望都は長編ももちろん超絶勉強になるが、短いのでもガンガンガーン!と頭の体操になる。マルゴは完全に歴史の本。


ちょっと長い系

 もやしもんは農業大学、銀の匙は農業高校。似てるけどぜんぜん違うな??
 のだめは音楽大学およびクラシック音楽クラシック音楽への敷居をぐっとさげてくれたすごい作品。スラムダンクみたいなもんですよ多分。

 ハガレンは、こんなにかわいい絵やギャグが散りばめられているのに、力強くかつダークでもあり、その世界観のなかで、生と死を容赦無く描ききった。漫画におけるファンタジーの可能性をまたぐいっと拡張した傑作。
 魔法使いの娘は「日常の中の怖い話」が基本でコメディも散りばめながら、人や人ならざる者の恐ろしさも描く稀有な作品。もっと評価されるべきというやつ。非ズのほうが怖さ度は上がっているかも。


 このなかからまだ絞り込むなら「ドラえもん」か。いろんな話入っているし。子供も大人も読めるし、漫画が苦手な大人も読めるんじゃないかなあ。かしこくなるぞ。



火の鳥 1冊はKindle Unlimitedにある!いいね!
ブラックジャックはかわいくてかっこいい。5巻までKindle Unlimitedにあるじゃないか。

ドラちゃん。本屋さんにずらっと単行本が並んでいる。

のんのんばぁはめちゃくちゃ面白いドラマが先だった。ドラマ愛の詩 のんのんばあとオレ|番組|NHKアーカイブス 父親役の岸部一徳のお父さん役が腹抱えて笑い転げた記憶が。

半身。短編集もどれもすごいのでコスパという点ではええかもしれん。

マージナル はじめて読んだ時はすさまじく、何度読み直したかわからない。

バルバラ異界 こちらもこの長さでこんなに!!ていう

マルゴ 本自体が美麗。中身はなかなか頭を使う気合がいる

もやしもんもちゃんと読むと大変だけど、いろいろ楽しい。発酵食品やお酒に対する見方はとても変化した。


ハガレンのつぎにこれで、本当に化け物みたいな作者だなと思った。

のだめ。いまもいろいろ強い。

ハガレン 読めるなら紙で読みたい。愛蔵版もあったっけ?これも読み出すと止まらないからあかん。

魔法使いの「娘」だから。「娘」であってるの! 勝手に修正してくるなよAmazon!!。この作品を知った時すでに何冊かでていたけど、本当にうれしかった。しかも長く続いてなおうれしかった。

非ズ。途中でカラーの調子が変わるのが良いのです。大人度ちょい増し。


おまけ
ベルばら 勉強になる漫画といえばの一冊。これを読めば、少女漫画の世界にも慣れるという意味でも良い。