茶ぶろぐ ただのにっき

chaoruko@HatenaBlog

『おっさんずラブ-in the sky-』メモ

 ネタバレ有りですよ

 『おっさんずラブ-in the sky-』最終回だけリアタイ視聴。




 シノナルを推していたので「大勝利」のプラカードを掲げている気分。成瀬はたぶん前からシノさんのことが好きで、貫かれていた。それで武蔵や四宮が春田に恋をしたのは、どっちがどうなんだろ? シノさんのほうがはやいのかな。
 四宮はあまりにもひどく成瀬を拒絶していたので心が傷むくらいだったけど、なんとなく、ほれっぽいというのもちがうけど、春田は違うだろうな、と思ってた。なんかちがうじゃん。
 成瀬は気持ちはゆれたかもしれないけど、春田は友だちになっちゃったのかも。
 武蔵はあれこれ急上昇急降下したけど、春田を好きな気持ちはかわらなかった。
 そして春田だ。
 春田は単発版から一貫して「クズ」な男なのだ。それを忘れてはいけない。クズなのに、長所やエロさでそれをカバーしているのである。(人というのはたいていいろんな短所と長所をあわせもちカバーし合っており、その組み合わせの許容具合が友情や愛情である。)不動産と比べてスカイの春田は、より恋に揺れていた。だからエロさが増していた。恋に浮かれてゆらゆらしていた。ふつうよりややクズなふつうの人である。
 だから気持ちがはっきりしないし、簡単にいえば八方美人というクソっぷりだった。
 クズクズしいのに好感度軍抜き。なんて矛盾したキャラクタ。それを演じあげるのが、田中圭による春田の醍醐味である。


 じつはそんなにまじめにみていなかったんだけど(またちゃんとみる)、最後までいきついたら、あれこれまあまあつじつまがあっていたと思う。伏線が張られていたとかではなく。


 そもそも、恋なんて、ストーリーなどないのである。決定的な何かで恋におちるわけでもない。いろんなことの積み重ねで、好きが好きを増していく。シノさんが情熱的だけどなんかちがう感があったのは、絵を描きすぎていたからだ。あんなめちゃくちゃ一方的に描く状態で、一方的にご飯を作ってしまうのは、自分の恋におぼれているといってよい。けなげとはちょっとちがう。だって違うもん。友だちとしては、相性はよかった。
 成瀬は家族については春田にきっかけをあたえてもらったが、その相手を思い人である必要はない。むしろ問題を解決してしまったが故に、恋にはなりえなかったかも。春田は概ね恋に浮かれているから、成瀬にも四宮にも、仲良くなった人にみんなに気持ちをとりあえずいれてしまうから、まあ八方美人てことになる。程度や加減が難しいね。
 そのなかで、武蔵がいなくなるのはとりあえずイヤだと気付いてしまった。唐突にみえるけど。


 あるあるある、こういう唐突さ、恋愛にはあるよ!!


 全体を通じて、具体的なシチュエーションがどうとかではなく、なんかしらんけどこういう感じ、あるわ……という、大人の恋愛の妙なリアルさが漂っていた。もちろんものすごく架空の世界の出来事や展開でもあるのに、人物たちからただようなにかが、妙にあるあるな感じがあった。自分が中年になってあんな恋愛をするわけじゃないのだけど、辻褄のあわないのにあってる感じとか、その場の心地のいいもの、やさしいものにちょっとひかれる感じとか、とりあえず問題解決にはがんばろうとか、見過ごせない感じとか。いやじぶんはぜんぜんいろいろスルーだけど、世の中の事件や出来事に対する感情の動きとか云々。


 若い人には分からないし、むしろ分からなくていい。今回やっと本当に「おっさんずラブ」であるかもしれない。単発はおっさんというより男性同士、不動産はいかんせんケントさんが若すぎた。20代なんておっさんじゃねえからな。今回がいままででいちばん、タイトルにはあっているかもしれない。


 これからしみじみ何度も見るドラマがまた増えた。ありがたいことである。


 ツイッターのご意見をみていると、成瀬と四宮を主人公にして春田と武蔵をおまけにすればよかったのに、という訴えがあった。まあラブストーリーとしては実質そうだろう、ずっとそう思ってたし、まじでそれでよかったかも。春田と武蔵は次元の違う恋をしちゃってたもんね! やっぱりまたやって欲しいな! あと3シーズンぐらいはやってほしいよ!!