のこのこ茶ぶろぐ

chaoruko@HatenaBlog

ギャップ萌え

 ギャップのある男の子たちとすてきなイラストをツイッターでみかけた。目の保養をさしてもらったが、どれもさしてギャップに思われない自分にショックをうけた。年をとるといろんなギャップを、現実でも創作でも、たくさんたくさんみることになるから、なかかな自分にガツーンとくるようなギャップ萌えがなくなってくるのである。若い頃の自分なら、まさにあふれでるギャップ萌えにじたばたきゃあきゃあ萌えたおしただろうに。

 いま自分がぜんぜんギャップ萌えがないかというと、そういうわけではない。あるにはあるにはある。ケミちゃんなんか毎回そうである。CHEMISTRYのふたり、あんなにイケメンなのに、ライブではもっとかっこいいのである。もっとうまいのである。そのギャップに「グアッハ!!」となるのである。
 そういえば音楽系のギャップにはむかしから弱い。「短ラン丸坊主同級生男子が実はピアノが激烈うまい」「地味暗めビジュアルなのに美声」「フワフワ天然不思議乙女系なのにバッハ激烈うまい」とか、そういうやつ。
 俳優さんでは、芸幅が広いひとはそのギャップにずきゅんとなる。田中圭さんの、一見ふわふわましゅまろひとあたりいい系やさしいお兄さんなのに、なぜかドエロいときがある、とか、ビジュアル乙女系なのに男っぽい志尊くんとか千葉雄大くんとか。


 チョロいじゃねえか


 絵やイラスト一枚では、想像力が必要なのだ。想像力がパターン化して弱体化しているから、萌えが鈍くなっているのかもしれない。慣れてきたらギャップ萌え減っているわ〜というのは、まったく逆で、単純チョロいになっているのではないか? これって特殊詐欺??