脊髄反射でオブラート

chaoruko@HatenaBlog

ダンサーAye Hasegawaさんについてぐぐってみた。

www.youtube.com2014年12月10日の記事

ファレル・ウィリアムスのバックダンサーズ&シンガーズに、ふたりの日本人ダンサーが大抜擢! 紹介動画が公開中[動画] | 海外ドラマ&セレブニュース TVグルーヴ

 Happyで世界を席巻しまくったファレル・ウィリアムスのチームにはいっている(どういう言い方をするのが適切なのだろう)ダンサーさん。東洋系の女性がいるなぁとは思っていたが、日本人だったとわ…。だってアメリカのエンタメ業界ででてくるのは、韓国系か中国系が多いので、どうせそうかなぁとか…。


 ラジオでしゃべっていたので気になって調べた。
 ラジオだと「アイ・ハセガワ」なので、「ai hasegawa」だとちょっとちがっていて、「ファレル ハセガワアイ」で調べたりしていたら、Aye さんにたどり着いた。このスペルのほうが「あい」と呼んでもらえるのかな。


 はぁ顔が小さい手足が長い。全然違うすごいかっこいい。

 身長はわからないけど、ライブ映像みたとき特に目立って低くはなかった。
 Youtubeにご自身のチャンネルもある。ラジオではこのあげている動画がきっかけでファレルに会ったらしいが、本当にそんなことあるんですかあるんでしょうかね。

AyeHasegawa - YouTube


「全然違う」とは、何とどう全然違うんだろう?
 見てしまうダンス。なぜ見てしまうかわからないけど。音楽なら思わず耳を奪われるってやつだけど、ダンスは音楽かつ目だし、リズムとか??からだに訴えかけてくるものももおおいので、感覚器占拠率高い。高くて、占拠されているあいだが言いようもなく楽しかったり幸せだったりどきどきしてくるのが、私におけるいいダンスだ。


 日本の学校教育でダンスを教えるなら、こういう心が感動するようなダンスをおしえてほしい。
 日本のテレビにダンスするひとがうつるなら、もっとこういう(以下同文


 できるひとはアメリカにいっちゃうんだろうなぁ。まぁ、日本もアメリカもエンタメ的時差はだいぶない時代ですけど。それでもアメリカで多くの人がみるほど、日本の多くの人の目には入らないので、なんだかなんだか。


 好きなダンス良いダンスについて、一言も説明する語彙を持たないけれど、占拠されるダンスはみたい。


 ダンスは体育である以前に、音楽だ音楽!
 それはダンスが音楽がなければできないということではなく、ダンス自体が音楽を奏でている側面もあるということだ。