のこのこ茶ぶろぐ

chaoruko@HatenaBlog(旧:脊髄反射でオブラート)

『シェイプ・オブ・ウォーター』を観てきた(ネタバレあり)

映画『シェイプ・オブ・ウォーター』大ヒット上映中!
http://www.foxmovies-jp.com/shapeofwater/


 観に行けた。初日あたりはブラックパンサーにいったので、こちらがみられるかどうかちょっとドキドキしていたので、観に行けてよかった。


 映画館でみるにふさわしい、映画らしい映画だった。


 唯一の美形は半魚人のみ。もっとも造形的に美しい存在だったことは間違いない。主人公はいわゆる美人女優ではないし、ほかの男性キャストはみな丸いか怖いかふくらんでいた。
 それでいて、往年のハリウッド映画のように、美男美女で描かれていたような美しいロマンチックな映画が、ちゃんと成立していた。かつ、モンスター映画の伝統も取り込んでいた。伝統的なロマンスとモンスター。それらを新しい要素で描いているのに、与えられる印象は、全面的にいい意味で、ハリウッドの映画らしい名画だったのである。
 すばらしい。
 こういう監督、作品を得たことで、またハリウッドは生き延びる可能性を見いだしたのではなかろうか。すごいことだ。
 かくあるべしな伝統的なものを引き継ぎつつ、古くてナンセンスだよねという要素は取り除いて、では次に、現代ではなく、一歩先の未来について、なにを映画館のスクリーンのなかで展開すべきか。それが示されているのである。たぶん、他の作品もそういうのがあるとは思うけど、ロマンスとモンスターでこれは傑作である。


 映画にいくまえに、たまたまアンナミラーズでお茶していた。映画をみながら妙な勝ち鬨をあげた。せつないエピソードだけど! おっちゃんほんとによかった…。