脊髄反射でオブラート

chaoruko@HatenaBlog

川島なお美と鎧塚俊彦さん

 川島なお美は謎の芸能人で、役者だ女優だというより、ワインで食ってるタレントみたいだった。ドラマなどで見かけていたはずだが、良くも悪くもあまり気づいてなかった。意外と地味な人なのだ。

 鎧塚さんは、川島なお美と結婚する前から、テレビで取り上げられることも多い人気パティシエで、密着番組をみたときの印象は、すごいけど変な人、だった。ものすごく変人というわけではなく、見るからに熱血というわけでもないが、仕事に対する集中力とか情熱の注ぎ具合が、結婚できないだろうなぁこの人、と思わされた。
 
 ふたりが結婚するというニュースのとき、おぉこれはうまいこといったわ、妙に納得した。とてもお似合いだと思った。どこか変な人どうし、なんだかぴったり。それでも、こだわりが強そうな、ライフスタイルが確立してそうな大人同士だしなぁ、どうなるのかなぁ、なんても思っていた。
 
 だがそんなの全部ほんまに余計なお世話だった。太り気味だった鎧塚さんは、結婚したらしゅるしゆる痩せた。料理で夫をダイエットさせた。ただのバブルの生き残りのワイン好きではなかったのだ…。すんません。
 
 お通夜や告別式の様子をテレビでみて、意外に顔が広く人望があった人なのだなと思った。失礼連発で申し訳ない。川島なお美という人は、ふつうの人にはそんなイメージなのだと思われるのだ。ご本人は、自身に対してこだわりが強く、周囲にはまめまめしく気配りができるまじめな人であったのだろう。
 
 
 豊かな色彩と感情に彩られたであろう日々。
 天国でワイン三昧で楽しんでいて欲しい。