読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

脊髄反射でオブラート

chaoruko@HatenaBlog

北野武の『座頭市』(2003) 観た

 テレビで放送があったものを録画して、少しずつみた。
 途中で何故か寅さんをみているような感覚を覚えた。かったるいのではなく、エンタメ映画としての空気が似ているのかも。

 2003年当時はわりと話題になったことは覚えている。たけしがあの座頭市をやるんだぜ、タップダンスだぜ。

 観てみれば、かっこよくてびっくり。映像も音楽も。音楽がやけにいいなぁと思っていたら鈴木慶一さん。画面の色や、衣装の色など、なんだか妙にシュッとして良かった。メイクとかも。殺陣は痛快なほど短い。一瞬で終わる。人を斬るシーンは多いけど、ぶしゃっとでてるのにえぐさとか全然ない。何かギミックがあるのかなぁと思うのだがどうなのだろ(だって血がなんかあれ)。
 タップダンスうぅ?、とあやしんでいたが、入れこみ具合がかっこよかった…。音楽ってことですよ。かっちょいい。
 橘大五郎早乙女太一のシーンがちょっと長いけど、これが醍醐味なのだろう。普通なら美女が延々やるところだが、美女でも美少年でも大差はない。妖艶すぎることもなく。ええ塩梅。その分なのか女性の描き方が甘いけど。まぁ基本的におっさんの世界の話である。
 二人の少年はプロなので、ほっと安らぐ。不慣れな女優が練習してやりましたオーラを心配しなくてよい。若さ故かくどさもない。こういうものを好む気持ちは分かる…。
 夜など灯りが少ないタイミングでの殺陣が多いが、暗くつぶさず、明るくしているわけでもないのに、全体がみえるように映してある。見やすい。


 人を斬る映画でしょう?、と敬遠しているなら、ぜひ観て楽しんで欲しい。やや変則的ではあるが、伝統を踏まえた、痛快娯楽時代劇である。時代が関係無いので、いまもこれからも楽しめるはず。


 ジャケ写はこんなで怖そうでかっこよさそうだけど、そういう意味では怖く無いしかっこよくないところが良い。
 ↓はDVDだけど、テレビの画質のほうが良かったことになるのだろうか。うーむ。ブルーレイでてないのかな。ふーむ。