のこのこ茶ぶろぐ

chaoruko@HatenaBlog(旧:脊髄反射でオブラート)

アニメ『バナナフィッシュ』をみていない

 初回はみた。本編がはじまるまえのCMで、これから放送するその回のネタバレは笑ったし、そもそも始まる前から誠意がないなとは思った。
 初回はみて、思ったほど悪くないじゃん、という率直な感想。でも続きは見る気になっていない。良いも悪いも感想をみかけないからだ。ちらほらみかけるのは、とってつけたような提灯記事や、アクセス数稼ぎのようなタイトルばかり。すごく悪くて叩かれていたら、見る気になったかもしれない。絶賛されていたら、自分の曖昧な感想は棚に上げ、あぁ面白いね、いいなじゃない、とか、無意味に上から目線で、視聴を続けていたかもしれない。
 もう二度とみたくない、わけではない。それなりに気になるから、いつかみようかな、ブランカがでてきたら見るかもな、とか、てきとうなことは考えている。(森川さんだから期待していたのだけど、『コラテラル』のトム・クルーズの吹替をみたらだいぶすごい満足してしまった)
 アニメ雑誌の表紙になったり、コラボがあったり(ミニオンはマダー?)、いろいろにぎやかだし、のじまさんは中の人だし、リツイートしたりしらせてくれる。アッシュの声もうまいと思う。周りのキャストもてっぱん安全牌。
 何か不満が?
 スマホをもっていることとか?


 あの漫画をアニメ化することは、いろいろ難しい点が多い。ひとつはもちろん内容の濃さ故だ。時代を変えてしまったことで、そこはもうスッカスカにスルーされてしまった。これは資本主義の商業主義のあるいは能力が不足する故の悲しみなのか罪なのか何なのかよくわからない。できるひとがいないものはできない、作る能力がない人には作れない、じゃあなんのために創るのか。
 もう一つは、原作自体が、最初と最後で絵の雰囲気がずいぶん変わっていることだ。最初のほうは、「少女漫画か??」とつぶやかずにはいられないほとんどAKIRAの絵だった。それが次第に少しずつシュッとして、さいごはしすぎてしまった。よって中間が親しみやすいといえばそうなる。読者のなかには、どのようなアッシュのイメージが強く色濃くあるのだろう。


 いつか見る。Amazonで配信されているあいだはいつか見る。と思ってる。配信停止の知らせがきたら、あわててみるかもしれない。
 とはいえ、アニメ「化」といっても、漫画を原作にしている別の作品なのだ。義理立てして無理して見ることはない。文句をつけるためにみるのも嫌な話だ。
 それでも積ん読みたいな気持はある。そして忘れたころに、作品をみて、「めちゃくちゃおもしろいよ、はやくみればよかった〜〜」なんて調子のいいことをいっていたら、幸せなんじゃないかと思う。

暑い暑い夏の日に放送大学の試験を受けにいったがその前後の話

 予想最高気温が35度くらいの日。
 放送大学の試験を、二教科目を受けに行くために、昼過ぎの、一番熱くなる頃に、家をでてバスを待つ。5分以上バスは来なくて、あっというまに汗でびひょびひょになった。
 駅について電車を待つ間にまたひと汗、品川についたら、「山手線が止まっている」という情報が流れていた。浜松町でお客様を救護だなんだの。頭が朦朧としたまま、地下鉄とか他のルートをさがさねば、とりあえず降りなきゃと降りた。頻繁に電車にのっていたころは、自分が往き来するあたりの大ざっぱな路線図は頭に入っていたが、いまはとくに何も浮かばない。路線図ももっていない。混乱しながら、気づいた。降りてから、そのまま乗って新橋までいって地下鉄に乗らなければならないのだと。
 それでまた、京浜東北線の乗り場で待ったが、またしたたりおちるような汗をかいていた。二度目の京浜東北線にのって、よくよく案内をみると、山手線は内回りが止まっているということだった。内回り?、内回りってどっちだ?? 混乱しながらiPhoneで調べると、渋谷へいく方、外回りは動いているようだった。頭が余計にカーっと熱くなる。そのまま品川で乗り換えて外回りに乗れていたのだ。
 だがしかし、次の田町で山手線に乗り換えればいいのだと冷静なふりをして頭をきりかえた。田町の乗り換えで、またドチョパーと汗をかいていた。幸い山手線はすいていて、乗ったら吸われた、座ることができた。渋谷までいくあいだ、電車のなかは快適だった、と思ったら、そうでもなかった。扉が開くたびに、猛烈に熱い空気が入ってくる。人もふえると、あっというまにクーラーの意味があんまりなくなってしまった。
 一番熱い時間帯の、渋谷の駅は、街は、心なしかすいていた。もともと余裕をもって現地に着くつもりだったのもあって、30分ほど前には現地についた。
 だがしかし、道玄坂を上ったあとで、汗はかきっぱなしである。こんなに道玄坂に街路樹があってありがとうと思った日はなかった。試験を受ける控え室はまだ涼しくてよかったが、試験を受ける教室は、まるで長い間つかっていなかったようなくすんだ空気と微妙な空調で、汗はいよいよじっとり気持ち悪い。そんなところで、受験した。
 試験のあと、ちょっとうろちょろして、帰るとき、山手線は混雑してきたらやっぱり空調がきかなくなっていて、本当に気持ち悪くなってきてしまった。(思えば疲れた心身に栄養補給するつもりでスタバで抹茶フラペチーノをたのんだのがだめだったのかもしれない。座って休憩したかったがどこも混んでいたし、スタバはたちっぱなしだし、試験のあいだでいったんからだはひえていたのに、何年に一度ものまないフラペチーノに手をだしてしまい、しかもふだんは避ける抹茶である。美味しかったけど、状況としては不適切だった。)脳貧血のような感じ。ダースベイダーみたいな呼吸をしそうになっていた。
 品川で乗り換えるとき、ホームは上り以上に地獄で、一本みおくったのに電車のなかは暑くて品川から乗ってきたこぎれいにしているサラリーマンたちの異臭がすごかった。香水なのか、汗ふきシートなのか、服についている匂いなのか。なんでもいい、匂いはつけるな、金のAgで汗の臭いだけ極力抑えてくれ。
 駅でおりたら、がぶがぶとぬるくなっていたポカリをのんだ。それでぎりぎりもちこたえた。
 一日に何度滝のような汗をかいたのだろう。
 毎日仕事にでかける家人にえらいなあといったら、「おとなですから」といわれた。

2018年春アニメの結果

2018年春からもアニメをみている


 キャプテン翼は予想外にダークホース的に心洗われるすばらしいアニメで視聴継続中。ゴールデンカムイは忙しい家人をまってるあいだに溜まってしまった。ピアノは何故か続かず。銀英伝は主人公たちがほんっとにでてこなくて最後のほうでお手上げ。ティラミスはamazonかどっかにあるせいもあって笑い転げたけどさいごまでたどりついていない。鬼太郎はみているけど、回によってすごい出来が悪くて腹がたつ。面白いときはいいけど。ヲタ恋は沢城みゆきさんめあてで完走。カリギュラも一応完走。シンカリオンはミクあたりで大きく挫折。忍たまは楽しく継続。ワンピースは家人がみるのでツッコミまくりながら視聴させてもらっている。
 2018年のじゃないんだけど、坂本ですが? 面白すぎて、圧倒的だった。こんな面白いアニメが作品があったなんて。みおわってしまうのがおしくてちょっとずつ観てる(アホ)。


 2018年夏は、気にしているのは、進撃の巨人とバナナフィッシュぐらい、いまのところは。みのがした〜〜と後悔するのがくやしくて、先に網をはったりしていたけど、疲れるんだよな…。流行ってから観ればいいじゃん…おばさんなんだから……。

カリギュラというアニメをみた

TVアニメ「Caligula -カリギュラ-」公式サイト

 カリギュラというアニメを観た。視聴動機は関俊彦さん。ちょおっとだけしかでないとはきいていたので、みないかもしれないかなと予想していたが、なんとなく一応最初から最後まで流し見した。


 ともかくなにがなにやらさっぱりで。どうもゲームが原作らしく、それでなにがなにやらなのかなととりあえず理解しつつ流していたが、流し見にしても、最近のアニメは5分で挫折することが多いので、画期的だった。
 関俊彦さんの声は数えるくらいだったのに、なぜいちおう(あらすじもわからんくらいだが)見通せることができたのか、その理由が我ながら不思議で。


 観られた理由を大きく考えると、以下の3点。

  • 演出がわりと観られた
  • 主人公の声がわりと好き、キャラクターがいまどきでいまどきの声優さんたちなのにわりと聞けた
  • 男女両方向け?らしい


(ふと気づいたが、最近のアニメと思っていたが、もしかして、中高年向けアニメだったのだろうか……)

 最近のアニメのわりには、みられる画面やアクションの作りで、声優さんの演技もふつうでよかった。なのでこれを作った監督さんとかスタジオを気にしていたらいいのだろうか。
 男女両方向けらしいことも、意外と大事かもしれない。主人公は男子で、主題歌も男性声優さんふたりだったらしいが、それっぽい女の子もいっぱいいろんなタイプがでてきていた。


 絵とか話とか、どうでもよくて(本当はよくないけど)、アニメとして自分がみられるかどうかは、アニメになっているかどうかだ。よくみなくてもおかしい絵はそれなりにけっこうあったけど、それはむかしから毎週放送されるアニメではあることだし。じゃあ何がアニメぽいかというと、全体の構図とかアクションとか、間合いとか、絵の不安定さをうめる声優さんのしゃべらせ方とか。(さいきんわかってきたけど、だいたいの声優さんは、オーダーに応じて仕事ができるので、変なしゃべり方をしている若い声優さんが多いのではなく、そういった芝居をそういったアニメでは要求されているだけなのだ)全体で毎週放送されるアニメになっていることがだいじなのだ。カリギュラは、よくわかんないけど、そういう感じがあった。


 もっとうまく言語化できたらいいんだろうけど、いかんせん話や設定はよくわからんかったというか、おばちゃんの興味の範疇外で……、興味の外にあるのに、観ていてなんとなくたのしい、そういうアニメ、すごくないですか?(ほめている)
 最後のほうの、主人公とヒロイン的なキャラクターが対峙するところとか、ほとんどモノローグなのに、成立していたので、絵もお芝居も良かったのだと思う。
 脚本も、長い台詞が多いのにスッキリでもないが冗長でもない、微妙なところが観られた要因の一つだ。


 内容的にはターゲットから離れているだろうけど、でも観ていて楽しいアニメもみたい。変な願望だ。

プジョーのペッパーミル

 プジョーのペッパーミルがある。買ったわけではなくしかしまあタダでもないという感じで、我が家にそいつはやってきた。以前から、おしゃれキッチン用品に並んでいるのをみては、なぜプジョーがキッチン用品売り場に、なぜプジョーがペッパーミル…、といぶかしんでいたが、ようするに気になっていたやつだ。
 しかしちょっとお高いし、ちょっとでかい。我が家のウサギ小屋食卓にあうかどうかという問題もあるし、そんなに金をだしていいようなものかもあって、欲しいけどもらうとうれしいリストのなかには入っていた。
 以前からある安いペッパーミルは、使っているうちに、頭のてっぺんのネジがどんどんきつくなって、ぎりぎりに締め上げて本体を自ら破壊するという不思議な事態におちいっていて、そもそもペッパーミルとはそのような構造なのかという謎もあった。また新しいつぎの商品を買うべきか、買うとしたらどれにするか。


 そんなときに、そんなやつが、気になるやつが、我が家にきたのだ。
 せっかくなので、ちょっといい黒胡椒を買ってきた(こういうお金の使い方は貧乏人ですよ)。なかにいれて、ひねってみた。

 ぜんぜんちがう。

 ミルをひく感覚も、めっちゃ楽しい不思議な爽快感がある。やみつきになる。ごりごりとか、スルスルとか、粒の大きさによって感覚がかわる。やはり生活のなかでつかうものは、手になじむものがよい。
 さっすが、プジョーさん。
 以来、食卓では何かと黒胡椒をごりごりひいている。
 楽しい、美味しい。

 となると、最近塩入れが欲しくてたまらない。そちらのほう以前から需要があるのだが、いいものがなくて、食卓にまともな塩がいない状態が続いている。プジョーのソルトミルは岩塩をひくようなものだと思うので、そこまでは別にいらないというような気持もある。いや、買ってしまえば楽なのだろうか。見かけもそろうからストレスは減る。かけすぎにならないかもしれない。



 これとほぼほぼ似ているけど違う気もする…?

オーブントースターを買い換えたが

 オーブントースターを買い換えた。十年以上使っていて、壊れきってはいなかったのだけど、たぶん数年前から赤く光るチューブの真ん中あたりが、色がついていなかった。動いている、焼けるとはいえ、あまり古い家電を使い続けるのは、ちょっと不安がある。いよいよ買い換えようと思って売り場に見に行ったら、問題があった。
 オーブントースターの巨大化である。
 値段はたぶんあがっていないが、庫内が広くなり、巨大化している。主力商品が、奥行きも横幅もでかい。奥行き30cmとか、お前は電子レンジかっつーの。我が家のオーブントースターポジションは、むかしの、あまり考えずに買った電子レンジなど置く台の上の部分は、手前が楕円形のデザインで、そうでなくても、最大の奥行きも浅いのである。
 それでぐじぐじジクジクマヨマヨしていたが、先日ついに、買って、お持ち帰りした。
 奥行き27cm。わりと余裕だったけど、ぎりぎりに置くには不安だったので、ちょうどだった。白い色のトースターである。白色を買いたい訳じゃなかったけど、それしかなかった。デザインは四角くてシュッとしている。
 900wから1000wにパワーアップ、しかも遠赤外線??付きなので(ちょっと奮発してしまった)、あっちゅうまにすごい勢いで焼ける。冷凍の食パンがすぐ焼ける。なかなか火加減になれない。しばらく焼きすぎになるかも。
 いままで使っていたのは、銀色の筐体で、それがけっこうかなり気に入っていた。銀色で、上の角がまるくなっているような、昔のオーブントースターである。
BO-L25-S|三菱電機WIN2K
 これ。かわいい。
 このサイトの写真はいまいちだけど、実物はもっとステンレスがピカっとしてかっこかわいいのだ。

 新しいデザインの、四角くて上がひらたいのは、いまの流行りらしい。


 

『おっさんずラブ』上海編を想像する

土曜ナイトドラマ『おっさんずラブ』|テレビ朝日


 すごかった…!。
 すごかった。
 単発ドラマの発表、放送、連ドラの発表、放送…。
 こんなにすごいことになるとは夢にも思わなかった。
 すごい。


 最終回の春田はともかくなさけない、かっこよくない顔が多くて。
 これぞ春田!!、というシーンの連打で。
 そして、感動の再会。みっともないのにかっこいい。
 そしてそして、最後の最後のシーン。


 すごすぎていまだに直視できない。


 ハッピーエンドだけど、いきなり遠距離恋愛なんだよなあ……、というところがあって。
 思うところがいろいろあって胸がいっぱいになるけど、ちょっと妄想。
 上海編SPがもしあるならば、こんなのがみたい

  • 1時間SPでいい(コンパクトでいい)
  • おそらく春田と牧は二週間に一回ぐらいは交互に行って会っている
    • 結婚の話はそんなに具体的に進んでいない(結婚するよといいつつ具体的なことは春田は自分からしなさそう)
    • 指輪はまだもっていない、もっているかもしれない
  • 上海での仕事の途中、春田はイロイロあって、アジアの大富豪に恋される、つたない日本語を含めて英語と中華圏の言葉で猛烈アタックされる。
    • キャストはアジアのスターをぜひ! 香港か中国か台湾のスターをぜひ! (田中圭よりキャリアがうえでうまいひとがいることが大事)
  • 大富豪と牧が言葉が通じないままののしりあいの派手なみっともないアホなキャットファイトをする
  • アレコレあって最後は大団円


 2時間SPになるなら、牧が大富豪のライバル企業とかに拉致られてそこで気に入られて厚遇されて、春田と大富豪が助けにいってアクションシーンとかあってもいい。そこでスタイリッシュに暴れるのは大富豪だけで、無駄にいいからだの春田は主役ですからの偶然にまかせて銃弾をかわし、ぐだぐだだけど牧を救出する。ただしこう話をでかくすると「テレ朝の悪い癖」がでてしまうかもしれないので、やっぱりコンパクトでいいかな。


 ラブコメどころかギャグか。


 いや、ぶっちゃけ、スピンオフとか、続編とか映画とかいらないっす。
 オフィシャルブックがでるだけで十分です。(鉄平とマイマイの5分*3本ぐらいならみたい)