のこのこ茶ぶろぐ

chaoruko@HatenaBlog(旧:脊髄反射でオブラート)

メモ ガンダムSEEDの面白さゆえの

 Huluで3回ぐらい失敗したガンダムSEEDを、やっと5話ぐらいまでみた。5話がすごい面白くて、わくわくした。でもすぐに失速してしまった。

 おもしろい、とてもおもしろい。いうなれば週刊少年漫画雑誌みたいに、毎回盛り上がりがあって、つぎどうなるの?というわくわく感がひきづられていく。

 役者さんの芝居もいい。主人公たちよりも、大人で台詞の多い、三石琴乃さん、子安武人さん、関俊彦さんがいい、というか、好き。三石さんはとくにうまい。絵の何倍も仕事をしている。

 アニメの声優さんのお仕事は、アニメのキャラクターに息を吹き込むことだと思っていたが、うまいひとは、何倍、何十倍にも、無限に生かすのだ。すごい。人形劇の声などをやるのが、ベテランが多いのがだんだん感覚的にわかってくる。声の割合がでかすぎるのだ。

 ガンダムSEEDの視聴に失敗していたのは、時代的な理由が大きい。むかしのアニメだから、慣れてないから、絵も話も話し方もちょっとしんどいのだ。でも最近だいぶアニメに慣れてきた。だから何話か楽しんでみることができた。

 

 しかし、面白さゆえに、面白い!と思ったら、観るのがいきなり面倒くさくなってきた。ゲームオブスローンズとか、ウォーキングデッドとか。気になる、面白い、次がどうなるかわくわくする、わくわく……わくわくしてるのか?

 いろんな設定や秘密が、明かされていく物語が気になる。それは脚本としてはよくできているのだろう。毎週テレビでみるなら、最高に楽しいはずだ。

 でも、家事をしながら流すには気を奪われすぎて、不便だ。コナンくんぐらいでちょうどいい。そこそこ面白いから、面白く作られているから、観なくなる。

 映画をみよう、と思った。やはりテレビの続きものは、テレビでみるのがいいのだ。

 身勝手な話だ。SHERLOCKは短期の長めのシリーズで、うまいことできたフォーマットだった。短期的に視聴者を熱狂的に虜にし、その後ソフトや配信で世界的に流通していく、フォーマットとしても、それに耐える。作品の中身だけの問題ではない。

 

 日本もそろそろアニメの新しいフォーマットを考えてほしい。なんで一挙配信するものを、テレビサイズでちまちま作るんだ意味がわからん。

 

メモ 翻訳、ローカライズ

 ローカライズは翻訳よりも言葉の置き換えが多く進んでいるイメージ。昔の翻訳みたいに、わからないお菓子の名前はわかるお菓子に変わるとか。でもゲームのローカライズはそんなわけではないはずだが。単なる言い方の習慣なんだろうけど、ローカライズ自体がカタカナっておもろいな。

 いろんな条件で、そのまま翻訳してもわからないようなというところを、誤解が大きならない範囲で乗り越えようとするのが、すごく面白い。やってる本人たちはめちゃくちゃ大変なはずだけも。

 それは時代的な要素も含むから、過去の翻訳を間違ってるぞと、あたまから否定したりするのをみると、イライラする。でも時代に応じて新しい訳も必要になる。

 しかしそうすると、母国語の古文より、外国語の古典の新訳のほうが親しみやすいという逆転現象?もおきる。

 

洗濯機の搬入の見積もり

 別の業者さんによる、前回NGだった洗濯機搬入の見積もりにきてもらう。空間的にはOKだが、水栓がひっかかるので蓋はあかない。蓋は小さいけど、チャレンジはできない。梱包をといた時点で、新品ではなくなってしまうから。
 壁ピタにする工事の方向で、話をまとめる。
 洗濯機など家電は、巨大化がすすんでいるので、壁ピタか、フルリニューアルするときに水栓の位置をかえたほうがいいですよという話。また、水栓の位置は、マンションをたてるのもいろいろ分業されているから、そこの業者さんのセンス?とか次第という話で。オーマイガー。
 前回の配送業者さんが、壁ピタ的なものを知っていたら、ひとてま減ったのにな……と思えども、今日もこちらから壁ピタの話をした。配送の人は思いつかないのかも。あるいは、このあいだのビックカメラで話をしたひとが、壁ピタにすればいいですよと言い切ってくれれば、よかったのかも……とか。
 分業はさ……安さの分は、消費者がその分の手間を負うのさ。
 ワカッチャイルケド、年をとると気力のゲージをためるのに手間がかかる。

最近読んだ本〜怪奇漫画と英国小説〜

那州雪絵『八百夜(1)』新書館
 連載しているなら、もうそろそろ新刊がでてもいい頃だよな〜、と本屋を徘徊したがみつからなかったが、やはり出ていた、やおやではなく、「はっぴゃくや」。読みごたえすごい。すごいよー。


フォースター『モーリス』光文社 古典新訳文庫
 出てすぐに買ったのに途中で止まっていたやつを、読み切った。ある意味とても読みやすい。翻訳も読みやすいけど、わりとエンタメ。いや、シリアスな話だけども。イギリスはいろいろ先にやりつくしているから、いっけん進歩的に見える。

モーリス (光文社古典新訳文庫)
E.M. フォースター
光文社 (2018-06-08)


カズオ イシグロ『夜想曲集: 音楽と夕暮れをめぐる五つの物語』ハヤカワepi文庫 これもけっこう前に買って読みかけて、止まっていたやつを読み切った。珍しい短編集。予想していたのとはちがったけど、そのまま映像とか舞台になりそうな話もある。訳者による後書きなども面白い。

キムタクがミルフィーユ鍋

 鉄腕DASHの0円食堂に、ゲストにきたキムタクが、ミルフィーユ鍋を作っていたのをみて、ミルフィーユ鍋を作った。作るのをみていて、印象に残ったのは、白菜の外の葉だけをもらったから、先に葉を切ってから、肉を挟んで、ミルフィーユを作っていたことだ。

 ふつう、白菜と豚肉のミルフィーユ鍋というと、白菜4分の1カットの状態ほぼそのままに、その葉の隙間に豚肉を挟んでいく。挟んだあとに、ざくざくとカットするのだ。だから挟むだけ簡単うまい料理、ということになっている。

 しかし、肉巻きなども同様に、薄い肉を一枚ずつ並べていくのは、じつはぜんぜん簡単ではなくむしろとても面倒くさい。しゃぶしゃぶ用の薄切りのきれいな肉がいるのかな〜??、というなぞのストレスもある。

 だが、先に切った白菜に肉を挟むならば、そもそもまず白菜の量を調節できる。肉も薄長くのばす必要もない。ミルフィーユ鍋といいつつ、キムタクのように、大根など他の食材もいれてもいい。

 ミルフィーユ鍋はたしかにうまい、しかしミルフィーユしか食わねえ鍋なんて飽きる、だが量を減らすのは難しい、なぜからば、あるていど鍋にしきつめないと、ミルフィーユにならない。

 キムタクが作ったミルフィーユ鍋は、それらの不満を解消するものだった。大根、にんじん、エリンギ、白菜の切れっぱしなど、適当に放り込んだ。すると、たいへんうまかった。(だしをとるところの記憶がないので、こんぶ、酒、みりん、薄口醤油などてきとう。だしは4カップは多くて3カップでよかったわ。)

 しめの雑炊までやったらお腹いっぱいになった。

 ありがとうキムタク、うまかったよキムタク。なにをやってもキムタク、さすがキムタク、キムタクにかぎる、キムタクが如く。都合のいいあらゆるキムタクの境界を漂う、ただの同時代の視聴者の心地も、深く堪能することができた。

 

メモ 足の裏を鍛える

 足の裏を鍛えよう、と、運動をちょろっとやった。タオルを、指先でぐりぐりひきよせる系のやつだ。目標とする回数の、三分の一ぐらい。初回だし、いきなり無理しなくてもいいよね、と思いながら。

 そしたら、すぐに、ふくらはぎがつりそうになってた。目標回数まで先は長い。効果がでるのはもっと先。

 

風邪をひいたあとのバリウムは危険

 12月にに長いひどい風邪をひいた。熱はほとんどでなかったが、すごい咳が出続けた。それで予定されていた健康診断の日程を変えた。変更後の日付が、1月の前半なので、本当に風邪が治っているかなと心配していた。だいたい、ぎりぎり治って、咳などしないで、病院へいった。

 心電図とか血液検査とかいろいろ、バリウムの検査は最後だった。
 発泡剤をのんだ瞬間に、「いったいこいつは俺様に何をのませやがる」みたいな反応だった、わしのからだ。確かにバリウムをのむのは、2,3年ぶりではあるが、もう飲み始めて長い歳月はたっている。飲んだ瞬間に、発泡剤に喉にせり上がってくるし、続けてのむバリウムも苦痛だ。いや、バリウム自体は、以前より飲みやすくなっていた気がした。量もそんなになかったようだ。しかし、異物感がすごい。
 げっぷというか、咳をこらえて、なんとか台の上でごろろのたうちまわる。
 おわるや否や、ものすごい勢いでげっぷではなく、咳がではじめた。

 明らかに、喉に対して、すさまじい刺激物であった。まるで辛いものを食べたときのような反応がでている??のだろうか。口の付近についたバリウムが、粉末状になっていた。その粉っぽいもので咳がでているのかと思ったが、多少うがいをしても、咳はとまらない。つぎつぎに、痰をくりだしてくる。
 むろん、この時期は、インフルエンザまっただなか。咳をしていて、されていて、いい気分なわけはない。じろりとにらまれて詰問されちゃうかもしれない。
 バリウムで痛む胃を抱えながら、そそくさと病院をでた。

 食事を取ったり飲んだりしたら、だいぶ落ち着いた。だが、イガイガが続く。残っている。異物感がすごい。
 発泡剤が悪いのか、バリウムが悪いのか。コーラもビールも飲めるけど、そういうもんじゃあないのかしら。
 そもそも、バリウムってのは、飲んだ瞬間から胃が痛くなるし、下剤を飲んでもなかなかでない。かつ下手するとトイレを壊す可能性もあるという、過激派だ。なんでこんな、あきらかな痛みがあるものを飲まなければならないのだろう。早く別の検査になってくれ、バリウム

 秋期の検診に申し込むと、たいてい12月か1月になる。来年度は春期に申し込めた。もしすぐ検査なら、バリウムは飲まないでおこう。イタイ。