脊髄反射でオブラート

chaoruko@HatenaBlog

怖くないけど気になる結膜下出血

 31日。朝起きたら片眼が半分鮮血に染まっていた。ホラーかな、ゾンビかな。おお怖い。だいぶびっくりする現象だが、これはたぶんそうあれ、あれなのよ。十数年前に一度なったことがある。見た目はすごくてびっくりするけど、医者にいけば、「放っておく」「二、三週間」の例のやつ。
 年末年始なので病院は閉まっている。救急にわざわざ行くか? 本人はあまり乗り気ではないけれど、周囲のほうが圧倒的に気持ち悪い。しかも年が明けて次の日になると、赤い部分が広くなっている。というわけなもんで、だめもとで調べたら、駅ビルで開業している眼科が駅ビルにあわせて2日からあいている。なんと有り難い。どれくらい混んでいるかしらとドキドキしつつ向かってみたら、すいていた。先客は二名ぐらい。がらんとした待合室で、検査コーナーで待ち、待ち。
 視力とか眼圧とか毎度の検査はある。診察はやはり結膜下出血。ほっとくしかない。ただし目はこすらないで。まだ血管がきれているかもしれないから。
 帰りにうさぎが表紙のうっすーい冊子をもらう。『「放っておいても大丈夫」と割れたけれど 気になる結膜下出血』という患者の心理をまんま表すような文言。

白目部分がべったり赤く染まります。

原因はさまざまで、思い当たる誘因がなくても出血します。

 くしゃみでものみすぎでも月経でもなるらしい。気にしなければならないのは、外傷をうけた場合とか痛みやかゆみがあったり目やにがでてくる場合。または、超頻繁にくり返すとか、熱を伴う場合。内科にかからなければならない場合もあるらしい。
 症状はただ目が赤いだけ。血がみちているだけ。やはり心当たりはとくにない。多少飲み過ぎたかもしれないけど、5時間の飲み会とか、二次会&ラーメンとか、久しぶりすぎたけど。
 三日になったら、赤い面積がちょっと広がっている。もしかしてまだ血管キレてるってやつだろうか…。本人はとくに不便はないが、鏡をみるたびにテンションはさがるし、周囲の人はびびるだろう。診察にいった日に銀座のおされカフェに入った。いけめんお兄ちゃんがラテアートにウサギを描いてくれたのは、目が赤いせいというわけではないと思う。

アニメ『けものフレンズ』を観た(ネタバレあり)

 Huluで『けものフレンズ』を最後まで観た。

  • ケロロ軍曹が好きなのもあって、ゲームはやってないけど、アニメになる前から知っていた
  • 評判がすごかったので期待しながらみはじめた


 流行り方、熱狂ぷりは、マドまぎのときに似ているな〜と思っていた。みはじめた最初は「わー! すっごーい!」が頭にはりついて大変だったけど、まどマギより早く吸引力はあったと思う。

 すごくおもしろかったので、もちろんオススメ('-'*)。

 で。
 最後まで観たのだけど。

続きを読む

楽に楽しく室町時代に親しみたいメモ

 楽に楽しく室町時代にもう少しお近づきになりたい。動機の一つは忍たまだが、中国の宋とか好きだし(といういいわけ)。
 世界史選択だったし、日本史とても縁がないので。

 とくに、室町時代の、忍者とか、人々の暮らしとか、妖怪とかについて知りたい。政治とかどおでもええ。

 それで検索してみる

室町時代 (中公新書 (776))
脇田 晴子
中央公論社
売り上げランキング: 236,519

新装版 妖怪(上) (講談社文庫)
司馬 遼太郎
講談社
売り上げランキング: 58,546


 司馬遼太郎の妖怪関係の痛快娯楽小説なんて、楽しそうじゃないですか。雰囲気をつかむには良さそう。

 忍たまをみていてずっと気になっているのは、妖怪とかがどうなっているのかなということ。本編にはどうもそういう話はなさそうな雰囲気。子ども向けのギャグマンガだから幽霊とかあってもよさそうなのにないのが不思議面白い。
 私の乏しい日本史の知識では「織田信長比叡山を焼くまでは、日本人は本当に闇を怖がっていた」ということ。忍者はその闇、夜に活動するイメージがあるけど、あくまでもイメージだし。

 歴史上に実在する忍者の教科書には、幽霊とかそういうものに対策する項目があるのかないのかが気になっている。誰かおしえてえらい人。ないとしたら、そういうのをうけおうひとはまた別にいたのだろうか。でも陰陽道室町時代になるとその前ほど活発じゃない模様で。

 さてどの何から何を入手できるかな。

CHEMISTRYツアーWindy初日感想追加

 CHEMISTRY川畑要堂珍嘉邦によるテラ実力派イケメンボーカルデュオ) LIVE TOUR 2017-18「Windy」初日感想の続きというか、思い出したことなど蛇足など。もっと頭が悪い感想です。ネタバレもです。
 

 ヘンタイぽいかもしれないのでお好きな人以下どうぞ。

続きを読む

CHEMISTRY LIVE TOUR 2017-18「Windy」初日感想

 ケミストリー(川畑要堂珍嘉邦)によるテラ実力派イケメンボーカルデュオのぶいぶいなライブに行ってきました。
 頭が悪い感想です。ネタバレばんばんです。
 文章中、めちとうずさんなのは深い意味はありません。

会場

カルッツ川崎

  • 駅から遠い。バスはまあまあありそう。駅に近いので系統が多い。(わりと余裕があったのでバスで。帰りもバスで。)
  • 周りになにもない。腹ごしらえとかいろいろは川崎駅近くで。
  • ロビーがほとんどない。狭い。施設自体はでかいのだが。
  • トイレの数はまあまああるみたい。余り並んでいなかった。(終演後いちぶ閉鎖とかあるけど)はやくきて、のふたりの呼びかけが功を奏したのか。
  • 新しい。空気感が違う。席は交互になってる。

 会場の新しさについては、MCでもふれていて、いいかんじですた。

続きを読む

いまさらだけど『仮面ライダー電王』が

 Huluで『仮面ライダー電王』を見はじめてしまった。2話だけみてとっておいたのに…。おめあては関俊彦さんで、とても人気がある仮面ライダーであるとはなんとなくしっていたが、予想をはるかにはるかに超えて面白い。 (波岡一喜さんがかわいくて困る)
 おどろいたのは、佐藤健の顔で関俊彦、かつ仮面ライダーの声が関俊彦かつ佐藤健だということ。やりとりはあるけど、変身したらぜんぶ佐藤健だと思っていただって主役だし。だから中の人たちのしゃべる量はすくないのだろうと勝手に思っていた。
 ということは、これからでてくる他の見た目ごついひとたちも、たくさんしゃべるってことだと思われる。
 外見が生身の人で、違う声が長時間あててあるは、あまりみたことがない。ちょっとのっとられたりとか、変身していたりとか、そういうのはあるけれど。
 また、その声の入れ替わりが、絶妙にいい。変わり目がかっこよくてくら〜っときた。モモタロスが中身でも良太郎がしばらくしゃべっていたり、途中からモモタロスの声になったりとか。

 同じ言語を話す俳優さんに声をあてるときは、外国の映画の吹替をする感じなのだろうか。当てられる側も、どうやって演技をしていたのだろう。しかもそれがひとりだけではない。複数のキャラクターをどうやってつくっていったのだろう。多重人格というのとは違うし。どういうプロセスでイメージを一致させていったのかな、とか気になったり。撮影現場では佐藤健は複数キャラクターを演じていて、そのキャラクターは本人だけで構築するわけではない、であろうというところが、すごいふしぎ。

 しかし2007年の作品なのだ!! いまから裏話とかさがしてみつかるかな。どうかな。
 そして10年前なのに、面白すぎる!!
 配信されていま観られて、すごくありがたい。


仮面ライダー電王 Blu-ray BOX 1
TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D) (2017-05-10)
売り上げランキング: 17,688


 モモタロスのかっこよさにじたばたしているけど、最強イケボは石丸謙二郎。声も空気も存在感はなはだしい。

さだまさしの炎上ソング特集

 さだまさしの炎上ソング特集で関白宣言。なぜ炎上するか聞き耳をたてたら、イラっとくる歌詞のところ以降、そこの内容が気になって、最後まできいてもメロディや歌詞が頭に入ってこなかった。音楽は感情に訴えかけるが故に、たとえその先の歌詞をわかっていても、まじめに音楽としてきこうとするほどそれは顕著になる。だから炎上するのだそれが狙いの曲なのだろう。


 そのほかは、炎上する理由はよく分からない。曲の長さの問題は、いまはラジオだけではなく、ネットなどでも聞けるのだから、長尺音楽が増えてもいい情勢ではなかろうかと思う。こういうところにもうすこしチャレンジするミュージシャン、いてもいいのに。


 さだまさしはむかしからそんなに好きではないがむかしほど嫌いではない。うじうじめそめそているのに偉そうでイヤだった。昔の女は強かったとかいわれても、なにいってんだこのおっさんはと、そういうところはずっと同じ。


 人がなんとなく看過したり、観ないことにしていることに、まなざしをむけ、あけすけな??言葉にして美しい??やや鬱なメロディに乗せるから、良くも悪くも人の心に届いて、感動したりイラッとするのだろう。