茶ぶろぐ

chaoruko@HatenaBlog

ZARAのオーバーサイズのジャケットをふつうのジャケットのように着る

 さいきんオーバーサイズの傾向が続いていますが。


 ZARAで、リネンのジャケットを買った。税込1万円。
 迷いに迷って、同じ日に3度店に行き、2回試着して(不審人物である)、あげくに、XSを買った。ZARAは欧州サイズなので、ふつうならSを買う。だがオーバーサイズぽいふんいきなので、大きい。でかい。だからXSがはいる。
「ネットでしらべた」ところによると、若い時とはかわっている中年は、オーバーサイズは注意だという。まあそりゃ確かにそうだ。なので肩の位置を気にしてみるが、Sサイズのそれが、正しいのか正しくないのかよくわからない。商品に、とくにオーバーサイズとは明記していないが、5年ほどまえのh&mのジャケットではSでぎっりぎり、とくに二の腕があぶないので、そのころはたしかにいまよりは細身だったのだ。


 Sは大きい。肩がおちているようなのはいいが、胴回りがオーバーサイズというよりぶかぶかである。XSだと、オーバーサイズではないようなかんじだが、着心地はよい。前をダブルのように重ねてしまうと、妙にぴったりするが、それも意図されたところではないだろう。


 服は、流行りの服が多く出回るし安い。もし自分の体重が初音ミクのままだったら着られる服も多いだろうが、体型が許すからといって若い人向けの服をそのまま着るのは、やっぱりおかしいだろう。しかし、同時に、流行りの服を、好きなように着るのは勝手なのである。ごまかして着るというか、なんちゃってというか。細身ぴたぴただとそんな芸当はできないので、オーバーサイズはやはりありがたい。


 なおかつ日本は、夏は長く暑くなる傾向があり、オーバーサーズとかぶかぶかとか、風通しのいい、長いずろっとしたものが、全般的に増えて市民権をえてしまっている。だから夏はいいと思う。冬のオーバーサイズは、スカスカするしかさばるし、上に着られるコートはないもしくは買わないといけないので、利点がちょっとよくわからない。


 40代、50代の女性は、ほんまどこでどんな服を買って着ているのでせうか。