茶ぶろぐ

chaoruko@HatenaBlog

集まるぼくらは白い鳥

集まるぼくらは海の鳥たぶん


 続き。
 鳥たちはやはりアパートの高いところの屋上に集まっていた。見上げると時折、ぐるっと縁を囲っている。


 よく晴れたある日。
 そいつらがぜんぶ白い大きな鳥に置き換わっていた!
 おそらくはサギ先輩たちである。
 青い空を背景に、真っ白な優美な姿で、先日まで別の鳥たちが陣取っていたところに集まっている。建物のはしっこのふちに並んでいる。
 単純に美しい。真っ白な並ぶやつら。


 とつぜん
「カンカンカン!」
と、金属音が鳴り響いた。その瞬間に、鳥たちはいっせいにふわっとその場所を離れて、四方に飛んでいった。
「カンカンカン!」
は、数回続いて、すぐにやんだ。
 鳥たちを追い払っている。
 音で推測するしかないが、屋上のあたりの金属を金属で叩いているようだ。


 鳥たちが集まる建物のなかからは、鳥たちがそこに集まっていることは、わからない。見えない。アパート全体は、他の建物もあるので、そちらからは見えるだろう。向かいのたてものから気づいた人が、「やつらが来た!」と連絡し、「行きます!」と誰かが叩きにいっているのだろうか。