茶ぶろぐ ただのにっき

chaoruko@HatenaBlog

鬼滅の鬼とブレイドの吸血鬼(ややネタバレあり)

 まんが『鬼滅の刃』をついに最後まで読んでしまった。
 全巻をそろえたのは少し前のことで、そこからいつまでどこまで読もうとずっと考えつつ、ちまちま読んでいたが、アニメの新シーズンがはじまったら、見出しでネタバレみたいなクソwebメディアがちらちら跋扈しだして、駆逐してやる!!と呪いつつ、しょうがないので、最後まで読むことにした。


 それで。


 その日、ちょうど、午後のロードショーで『ブレイド』をやっていた。ちょっと早かったアメコミ映画。マーベルじゃん。いままでにときどき見かけても、よくわからなかったけど、今回はわりとおもしろいじゃん、と思った。吹き替えの明夫さんもいい感じだ。だいぶ若いけど。
 どんな話かというと、吸血鬼と戦う話である。(関係ないですが、バンパイヤハンターといえばDですね!)



1から3まである。午後ローでときどきみかける。







 流し見なので情報はてきとう。
 話の途中、吸血鬼同士が仲間割れ?して、吸血鬼が吸血鬼を殺すようなシーンになっていた。場所は砂浜、夜明け前。なんやかんやありまして。「処刑される吸血鬼だけがそこに放置されて、日の出とともに灰になる」流れかと思いきや、ちがう。周囲には、ここへ彼をつれてきた、他の吸血鬼もいる。そのままそこにいたら、一緒に灰になってしまうじゃん?、とふしぎに思っていたら、彼らはどうも全身黒づくめのスーツに、真っ黒なフルフェイスのヘルメットをかぶっている。日の出の瞬間に、ヘルメットの目のところの隙間をぱちん、と閉じる。処刑される吸血鬼だけが灰になる。


 そこで、思った。


 無惨さまは、科学技術が発達していたら、無敵だったん??
 いやそもそも、鬼が苦手なのは、太陽のなんなの?? 紫外線? 可視光線? 赤外線?(それらのちがい、よくわかんない)
 ねづこは板の箱の中に入っているので、それぐらい??で防げるのだとしたら、そんなに強くなくてもいいかもしれない。

 脳裏には、ぴちぴち黒スーツに真っ黒フルフェイスの無惨様のお姿がうかんだ。無惨様ならあのお召し物にある模様をいれているかもしれない。
 まあ、それでも、模様がはいっても、そんなにかっこよくないっすね。美しくない。美しくないものは、いっしゅんでバラされそうです。
 フルフェイスじゃないにせよ、新しい宇宙服みたいに、しゅっとしたやつもできる可能性はあるんだけど。


 まあ、くだらないことを考えた。


鬼滅の刃』のもっとも感動したところは、この作品自体が漫画という思いの流れを継いでいるところだ。(宇宙から落ちてきたような隕石のような突然変異ではない。)血脈など関係ない。いま社会に生きている人たちすべてが、前の世代の、今の世代の、お互いのいろんな情熱や願いをつないでいる。その流れのなかに、あまりにも美しく強く優しく新しく高い完成度で現れたことが、感動的だった。作者のなかには、たくさんの漫画やその他のさまざまなものへの、渇望にも似た憧れや好きや情熱があるのだろう。
 と、私は勝手にひどくいたく感動した。それ以外の感動ポイントは山盛りすぎて説明しきれないくらい。


 つくづく、日本の創作の才能は、漫画にあつまっちゃってる。