茶ぶろぐ ただのにっき

chaoruko@HatenaBlog

タオルを裂く

 タオルは切れ目を入れて裂くと、糸くずが出ない、というライフハックをネットのどこかでみて、実践してみたら、QOLが上がった。

 タオルはハサミで切れ目を入れて、両手でびーと引っ張って、裂いて切る。

 裂く? 割き?

 タオルは日々必要なものだ。なにせ梅雨場は多くのタオルが瀕死の状態、臭う状態になる。乾燥に失敗して、今年も何枚かが戦場をさっていった。

 真夏になれば、ゴン晴れで乾きは良いのでありがたい。ただ、昼間は暑くてタオルの消費量も上がる。干すところ足りなくなる。

 タオルはやや薄く、ややふわふわがよい。分厚いふわふわなど、日本という湿気大国では、危険極まりない、爆弾に近いものである。やられたときの臭いは強烈だ。

 年々猛暑がひどいせいか、夏になると道ゆく人の服装はどんどん適当になっている。そのうえパンデミックだ。新しい綺麗な服などスタンバイしてるだけで夏は終わる。ドラクエのぬののふくレベルでも溶ける日々。

 汗拭きタオルは欠かせない。おばさんのせいか、太ったせいか。両方だ。首筋に汗が滝のように流れるので、タオルをマフラーのように巻いていなければならない。開き直り。

 だからそのためのタオルも用意している。

 

 薄くて小さくて軽くて乾きが早い。ときどき雑貨店などで売っていたりもする。 これは去年2枚フル稼働して、まだ裂くほどではないけど、今年一枚買い足した。色が自分には馴染む。公式サイトにはいろいろ使い方がご提案されていますにゃ。ふーん。

 

www.kontex-shop.com