茶ぶろぐ ただのにっき

chaoruko@HatenaBlog

感謝のジャスティス1万回をだいたい観た

※「ジャスティス!」だと、はてなに勝手に「ジャスティ」にリンクがはられてしまうので「じゃすてぃす」表記にしています。



 サンシャイン池崎さんのすぺしゃる企画である。朝9時からやるというのは知っていたが、起きたのも遅かったので、45分ぐらいから再生していた。その後、1時間くらい散歩で外にいく以外は、ほぼ流していた。
「じゃすてぃす!」と叫ぶのを、1万回やるのである。
 さいしょのうちはちょっとスローペースだったが、中盤で巻いて、終わりはうまくおさめたようだった。
 もちろん「じゃすてぃす!」ばかりをやるわけではない。定番の派手な自己紹介や、いろんなアニメやマンガのネタをもりこんだ、コントか一人芝居のようなものがちょいちょいあったし、コメントにコメントやネタを返し、Twitterで投稿された「FAX的なもの」画像もプリントアウトしてコメントしていた。生放送のトーク番組とかである、視聴者のみなさまからのFAXを募集しております、的なやつに憧れていたらしい。


 場所は近くなら世田谷とか練馬?(偏見)、遠くなら東京の郊外といった、広い農地か山の裾野のみたいな自然のなかで、一日中「じゃすてぃす!」とポーズをつけながら叫んでいた。
 すごかった。


 もともと嫌いな芸人さんではない、とても好ましい人物だと思っているけど、芸人としておもしろいかというと謎だっが、きょうは何度も大爆笑した。我ながらツボや好みが謎だ。年齢は自分のほうが上だけど、アニメやまんがについて、重なるところが多いのだろう。ネタがだいたいわかるので、ツボにはまってしまう。でも「おみくじをひく」というネタなんて、なんかのパロディだったのか、よく思い出せない。もういちど10時間も時間みるわけにはいかないので、ネタまとめ動画を作って欲しい。
 いや案外、10時間流せるかもしれない。焚き火の動画みたいなものだ。だいぶそうぞうしいけど。


 我が家は狩野英孝さんのチャンネルもわりとみているのだけど、彼らの共通点をあげるならば、テレビの笑いでは完全には王道ではないということである。テレビの笑いはすごくキャパが小さく形が決まっている。そこにどストレートにはまっている芸能人は、幸せかどうかはわからない。彼らの笑いは、そこからはずれているが、一般からしたら、ずいぶんハイレベルだ。それすらも簡単には感じさせないところが、また心憎い。また、スタッフさんなど周りの人材に恵まれて助けられているなとも思う。画面にうつる人たちだけではないことを、Youtubeの動画はよく垣間見ることができて、それはステキなことだ。
 1万回感謝をこめて「じゃすてぃす!」と叫ぶ。常軌を逸したばかばかしい企画だが、ネタはぎゅうぎゅうにつまっていた。きっとたくさん、けっこう綿密に、用意をしたのではなかろうかと思う。カメラアングルもときどき楽しかった。長時間のだらだら企画は、楽しいと楽しい。でも体をはるのはほどほどでいいよ。


【登録者10万人突破SP企画】感謝のジャスティスを10000回!繰り出し続けられるか!?【生配信】 - YouTube