茶ぶろぐ ただのにっき

chaoruko@HatenaBlog

noteを退会してきたエントリーをここにかく

 noteを退会してきた。もともと登録だけしてたいしてつかってなくて、最近ちょっと使ってたけど、いろいろなんかきなくさいので、やめることにした。
 エクスポート機能がないので、くだらない記事だけど、ひとつずつこぴぺした…。


 縦書きはないけど、技術的にはいろいろがんばっていると思っていた。
 しかし、いままであまたあるネット系の新しいサービスと同様の毒をもっていたようだった。
 逃れられないものなのだろうか?


 我らのはてなというと、つきぬけるなにかはない。技術的に?経営的に、判断が遅い!のかしらんけど、遅いのかなおもうところも多々ある。アイディアは先んじていたのにうまくいかなかったものも。
 それでも続いているのは、つぶれてしまうものたちとはちがう、何かが、ふつうのなにかを、もっているほうなのかもしれない。「ふつう」って。優秀な人たちの集まりなのに「ふつう」っていうのもなんだけど、いまは「ふつう」が本当に難しい。優秀ならば尚更、落とし穴は至る所にある。増え続ける。


 というわけで反省して、なにか書くなら一か所にもうちょっと集中しようと思う。
 いや、うそや。そんなつもりもないけれど。
 スン…。

 物悲しさか、これは。
 いいんじゃないか?と思っていたものが、違ったとき。裏切られたとまではいわないけど。

 たしかにはてなには、なにかこう、そういったたぐいの妙な期待は、ずっとないっちゃあない。
 最初から、いままでずっと、垢抜けきらぬごちゃっとした感じはずっとある。それこそがまさしく、あってしかるべき、隠すこたあない属性なのかもしれない。