のこのこ茶ぶろぐ

chaoruko@HatenaBlog

花江夏樹のどSイケメンぼいす

 下書きのままだった。一度公開したような気もするのに。


 深夜のBSで、ハライチイワイさんと宇垣さんと丸い顔のあんちゃんがでているマンガの番組があった。その回は少女マンガのドSイケメンとかの紹介で、不勉強なワタクシはふむふむと流し見。紹介をみても、ジェネレーションギャップなのか、ドSイケメンはさっぱりわからない。むかしからいるイケメンハンサムの寡黙でぶっきらぼうも好みではないので、ドSなどといわれても余計に謎である。人気マンガのシチュエーションや台詞を紹介されても、こいつ頭おかしいんじゃねえ?みたいな感じでちっともテンションがあがらない。
 しかし。真ん中に座っていて丸いふくふくもふもふ気味な若いおっちゃん、もとい、おにいさん、番組MCなのか番組をしきっているのかなんなのかもぼんやりぎみなあんちゃんが、実は花江夏樹さんというとっても売れっ子な声優さん。我が家でもタンジローとか俺はデザイナーになる男の子で近頃親しみのある人。その花江さんが、マンガのなかの、ドSイケメンの台詞を実演してみるという瞬間がきた。そのキャラクターがメガネをはずすと豹変するという設定もあり、メガネさんは都合がよいらしい。
 イワイさん、宇垣さん、花江さんという並びだったが、花江さんは宇垣さんをとばして、イワイさんを相手役ヒロインとみたてて、接近戦でドSイケメンな台詞をささやく。その台詞は先に明示されており、それをみても一ミリも萌えなかったのだが、

 花江さんが言ったらすごかった

 イワイさんも口のなかがジュルッとなったとかいってた。
 わかる。ちょっと分かる。口のなかじゃないけど、脳内になんかびゅっとでた感じがした。
 さすがである。さすが若手で、なんとなく名前は知られているような人は、すっごいなあ、と思った。その寸前までは、なにいってんだこいつ意味わかんね、とまったく響かなかった台詞が、謎の情感をどっと煽ってくるのである。
 それでその作品を読みたくなるとか、アニメ化されたら絶対みる、にはいたらないのだけど(それはこちらが対象外だから仕方がないのである)、役者さんのもつ芝居の圧倒的なリアリティとか説得力をすごく感じた。若い人やその作品が好きなひとは、自分のなかで、想像して自分で情感をもたせられるけど、興味がないひとにはなかなかそれはできない。でも役者さんというのは、受け手にとってあまり意味がない影響しにくいことばのならびにさえ、受け手になにかの感動を与えられるのである。
 とまるで作品はdisってるみたいだが、そうではなく私にはわからないだけなのである。頭硬いの中高年だし。でも花江さんがしゃべってみたら、ぐっときた。でも作品を観る気にはならないし、花江さんに落ちるわけでもない。でもすげぇなと思ってる。うまいひとは本当にいる。