のこのこ茶ぶろぐ

chaoruko@HatenaBlog

工事の音の種類

 風邪ぽいので寝てようと思ったら、予告されていた道路でのガス工事の日。快晴、湿度もさらり。工事の人には良い条件だろうか。中型以下のトラックが周辺に並び、なかなかの眺め。

 いろんな音がする。どごんどごん、どがががが、がしゃんがしゃん、ちゅいいいいいん、ぐーーーんんんんん、からからからん、じゃらじゃらじゃら、ズガガガガ。音フェチのひとがいるなら、サンプリングさせてあげたい。おもわずボイスメモで録音したり。工事の工程はどんどん進むので、同じ種類の音は長く続かない。爆音もつかの間。おそらくてきぱき手際が良い。続くのはガソリンの匂いだ。ちゅいいいいんんんなもの動かすには、それぞれガソリンタンクがついているようなやつが多い、多分。

 会社に勤めていた頃は、知らなかった音だ。工事はたいてい平日に行われるから。まだ小さい会社のボロいビルにいたときは、うしろのビルが建て替えで大変な音だったけど、そういうのとは規模が違う。

 住宅街では、ずっといろんな工事が続く。水道とか、ガスとか、インフラの工事は、いまでは、とてもありがたいことであるとよくわかる。

 道路でやってる工事で悪態を吐くような人は、社会性がない、生活力が低い。これ試験紙。知らない土地で運を嘆くのは仕方がないが、せめてポジティブに。

 排気ガス系な匂いはちょっと厳しいけど、これも一日中嗅いでいたら治るかな。くんかくんくん。