のこのこ茶ぶろぐ

chaoruko@HatenaBlog

本を読んで泣く

 本を、物語や小説を、読んでいるときや、読み終わったあとに、泣いたことがない。漫画で涙することは頻繁で、映画や音楽ではちょいちょいあるが、本はない。

 これは、

「えー! そんなバカな!!」

な話なのか、

「いや、本じゃ泣かないよ、文章を読んでるんでしょ、泣くわけないじゃん」 

なのか?

 もちろん、読んでいて、読み終わって、猛烈にじたばたする気分になっている、テンション上がるような、興奮する作品は多々ある。

 でも、涙で視界がにじむようなことはない。二都物語とか、

『きゃーーあーー!!』

と叫びたい気分だったけど、泣きはしなかった。

 泣ける小説、などの宣伝文句がついてると、読まない。そういうのはついてなくても、心がゆれうごいて泣ける小説、きっとあるはずだ、と思ってる。それとも、文字で書かれた文章を読む、という、ある意味冷静さを要求される行為を行ってる時点で、同時には成立しないのだろうか。