のこのこ茶ぶろぐ

chaoruko@HatenaBlog(旧:脊髄反射でオブラート)

ふつうのおすすめのアニメ映画を10本

 秋なので、おすすめかもしれないアニメ映画を10本くらいあげてみる。


 10本もあげられないのでは……?
 という疑いが頭をもたげ、やってみることにした。やはり何も見ずにはあげられないので、ネットで他力本願。みんな好き勝手ランキングでたのしいねー。他の人が上位にあげているなかには、「絶対に観るな!」という逆オススメも頻繁にふくまれているのも片腹痛い。ジブリは全般的にオススメ。オススメしないトップテンもあげたら楽しそうだけど性格が悪くなるだけかしら。ところでアニメ映画の良さとは、そんなに長くないところである。
 並べてみたら、ずいぶん不思議なことになった。ほとんど観ていない時期もあるし偏っているのでしょうがない。普通のアニメファンなので、有名な作品ばかり。


ふしぎの国のアリス(1951年)
 監督:Clyde Geronimi、Wilfred Jackson、Hamilton Luske(3人もいる…?)
 ディズニーの映画。視覚、聴覚、語感、音感、色彩、意味、など感覚がぬるぬる混乱してくる傑作不条理アニメ映画。ダンボのおそろしさには負けるけど。大人も子どももうなされてしまえ。歴史の一本とえば白雪姫のほうだと思うけどジェンダー的に問題ありなのか、アリスのほうがよくみられる。ディズニーの昔のアニメは、夢にでてきそうな、長く大人になってもぺっとり頭のどこかにはりつくような奇妙な感覚を残す。そういう闇がでろりっとこぼれておちてあるのが、いいのデス。
 関連オススメは「ピーター・パン」(1953年)若き日の岩田光央さんの吹替。

ふしぎの国のアリス [DVD]
ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン (2010-05-21)
売り上げランキング: 28,070
ピーターパン プラチナ・エディション [DVD]
ブエナ ビスタ ホーム エンターテイメント (2007-03-21)
売り上げランキング: 21,499


メリー・ポピンズ(1964年)
 監督:Robert Stevenson、出演:Julie Andrews、Dick Van Dyke
 これもディズニー。いきなり実写じゃねえか! なんだけど、アニメ部分も気持ち悪いほどすごいので、アニメ映画からも外せない。記憶のあるころにはじめてみたときはぞわっとした。ジュリー・アンドリュースの歌声も異常、ダンスする人たちのダンスがうますぎておかしい、日本語吹替の歌も味わい深い。もちろん名曲というかすてきな旋律ばかり。二度三度何才になっても楽しめる。話のめちゃくちゃさはアリスと似たようなもん。イギリスだしな。
 関連オススメは「オズの魔法使」だけど、Wikipediaジュディ・ガーランドの項目を読むと印象がめちゃくちゃかわってしまうので、読む前に観るあるいは、生涯読まなくてもよい。


幻魔大戦(1983年)
 監督:りんたろう、出演:古谷徹小山茉美江守徹
 もう記憶が定かでないんだけど、音楽がかっこいい。なんかかっこよかった。何度かみた記憶はあるので、もしかしてむかしはテレビ放送あったのかもしれない。主人公は古谷徹だったのか……。いろんな意味で個性的でインパクトがあって、美輪明宏とか永井一郎とか滝口順平とかいろんな人の台詞をいって遊んでいた気がする。白石加代子まででてる。

幻魔大戦 [Blu-ray]
幻魔大戦 [Blu-ray]
posted with amazlet at 18.10.28
角川エンタテインメント (2009-11-27)
売り上げランキング: 8,008


風の谷のナウシカ1984年)
 監督:宮崎駿、出演:島本須美松田洋治榊原良子
 当時は、アニメファンがみるだけの映画だったんですけど。やっぱり名シーンと名台詞の塊で、いまでも何度みてもわくわくきゅんきゅんしてしまう。え、何にキュンとする? ユパさまに決まってっだろうがよ……(むかしはイケオジとかぜんぜんわかりませんでしたけど)原作を連載で読んでいた。

風の谷のナウシカ [Blu-ray]
ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン (2010-07-14)
売り上げランキング: 519


天空の城ラピュタ(1986年)
 監督:宮崎駿、出演:田中真弓横沢啓子初井言榮寺田農
 映画館(?)で観たときのショックがすごかった。本当に息をするのを忘れていたのは、後にも先にもこれだけ。テレビ放送がひんぱんすぎるけど、大スクリーンで観るべきなんすよー、だって「天空」だよ、天空。
 関連オススメは、映画じゃないけど、テレビ「ONE PIECE」の54話「新たなる冒険の予感! 謎の少女アピス」から61話「怒りの決着! 赤い大陸を乗り越えろ!」(2001年)のアニメオリジナルの話。予想外に面白くていいです。田中真弓に言ってもらいたい台詞の盛り合わせ感すごくてそのとおりでキュンキュンくる。

天空の城ラピュタ [Blu-ray]
スタジオジブリ (2010-12-22)
売り上げランキング: 673


AKIRA(1988年)
 監督:大友克洋、出演:岩田光央佐々木望小山茉美
 映画館で観たかどうかわからない。これも何度みても楽しい。みはじめると最後までみないと落ち着かないのがややこしい。音楽も絵も台詞もすごい。ストーリーは難しいな? オリンピックも近いし、観るならいまだの一本。

AKIRA 〈Blu-ray〉
AKIRA 〈Blu-ray〉
posted with amazlet at 18.10.28
ジェネオン・ユニバーサル (2011-06-22)
売り上げランキング: 2,271


クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲(2001年)
 監督:原恵一、出演:矢島晶子ならはしみき藤原啓治
 あまりにもいろんなところで傑作といわれるので、しんちゃんの映画を他にいくつか観てから観た。すごいにぶい大きな衝撃をうけた。世代的には自分より少し上になるけど、オトナはたまらんだろうなと思った。


名探偵コナンイカー街の亡霊(2002年)
 監督:こだま兼嗣、出演:高山みなみ山崎和佳奈神谷明
 コナン君がホームズファンなのは大前提だけど、未見のときは、どうやってホームズやロンドンを話をからめるのか、ものすごく謎だった。はじめてみたときは設定のうまさと面白さにうならされた。ちょっと○×要素も入っているのが! コナンくんの映画のなかではぶっちぎりイチオシ。黒の組織とか興味ねえw。ときどきHuluにくる。


イヴの時間 劇場版(2010年)
 監督:吉浦康裕、出演:福山潤野島健児田中理恵
 ときおり作品名をみかけていたのでなんとなく観たら、おもしろくてびっくりした。淡々としているけど、考えさせられたり、驚かされたりする、余韻が長くずっと残る。AIの時代がどんどん近づいてきているのでいまこそみるべき。 2018/10/28の時点で、Amazon Primeで配信中。ソフトは品切れ中…?

「イヴの時間 劇場版」 [Blu-ray]
角川映画 (2010-07-28)
売り上げランキング: 59,378


怪盗グルーの月泥棒 3D(2010年)
 監督:Pierre Coffin, Chris Renaud、出演: Steve Carell, Jason Segel, Russell Brand
 Twitterでフォローしてる方がミニオンを推しで観てみたら、かわいくて面白くてせつなくて笑えてびっくりした。原題は”Despicable Me” despicable は発音が難しくて意味もちょっと感覚的に未だにつかめてない。グルーも三姉妹も悪役もミニオンたちも最高。でもこんなに、こんなに世の中黄色だらけになるほど人気がでるなんてな。この作品は、シリーズは、絶対に必ず常に、字幕で観ましょう。


劇場版アニメ 忍たま乱太郎 忍術学園 全員出動!の段(2011年)
 監督:藤森雅也、出演:高山みなみ田中真弓一龍斎貞友
 くり返すようだが、だまされたと思って観て…!!と100回ぐらい言わねばならない。そして1度観たひとは、二度三度と観ることになる。なぜならば、忍たまなのに、けっこう話が複雑だからだ。その上登場人物が膨大なので大混乱きわまりない。唯一の欠点はゲストキャラの声だが、細かいことは気にするな。劇場版なので絵もすばらしく脚本もねられている。アクションも独特のナンセンスなギャグの連なりもミュージカル調もありである! 刮目せよ!