のこのこ茶ぶろぐ

chaoruko@HatenaBlog(旧:脊髄反射でオブラート)

湯たんぽについて

 家には湯たんぽがふたつある。同じ大きさ、デザインで色違いだ。一つはすでにもっていたのに、人から同じ別のものをもらった。ゴム製にフリースの布カバーをかぶせているもので、昔ながらのUFOみたいなかたちのものではない。
 とある洋画の舞台裏映像で、超弩級に綺麗な女優さんが、同じようなデザインの湯たんぽの一回り小さいタイプを、写真撮影のときに手にしていた。たぶんそれで、その湯たんぽに憧れがある。
 ほんのり暖かく大変心和むのだが、欠点がある。しっかり閉めないと水は漏れるが、強く閉めすぎても、締まりが甘くなり、水がもれてくることだ。そのせいもあって、また、他の防寒具も導入したせいで、最近はほとんど使っていない。ふたつもあるのに。
 だがまたいつか使うかもしれないと、物置に入れっぱなしになっている。そうやってものは増えるのお手本のようなものである。