のこのこ茶ぶろぐ

chaoruko@HatenaBlog(旧:脊髄反射でオブラート)

新宿伊勢丹でバレンタインのチョコを買うという

 疲れてしょほーんと泣きそうな気分になりながら、足の痛みと戦いながら、任務を達成してきた。

 なんのかんのと申しまして、バレンタインは結局ゴディバが最強なんすけど、それでもがんばってほかの何かを探しに行く。何か、それ何か意味があるの?

 

 意味などない。

 

 チョコオタクでも富裕層有閑マダムでもない。だが、あの、もはや、若い女子しかいない、完全に俺浮いてる?の世界に、聖地に、戦地に、何故か飛び込まずにはいられないのである。

 

 お菓子売り場は地下一階だが、6階催事場にメインの売り場が設けられていた。

 そこまで広大ではない。

 そもそも新宿伊勢丹は狭くて圧倒的に天井が低い。

 その催事場のしかも半分。まあまぁの規模。

 

 催事場のあるフロアが実はすごい。

 頭がおかしいんじゃねえかというブランドと値段の超高級お子様向けフロアなのだ…!!!

 

 閑話休題

 催事場にはゴディバとかジャンポールエバン、ピエールマルコリーニとか、色々ある。高級有名外資は奥のほう。国産は手前っちゃ手前。獺祭のチョコとか笑う。森永の創業者の名前を冠したブランドはけっこうひかれた。だがすごく高い。

 ほとんどの店で味見をさせてくれる。半分ぐらいにきったやつをくれた太っ腹すぎるみせもあった。

だってほとんどのチョコは、ひとつぶ400から500円から、ですよ…??

 

 しかしもっと高いチョコもある。店単位での出店ではなく、インポートとしてコーナーでうられてるやつ。

 はんぱない。3千円でちょう安いほう。ホギャー。でもうまそう。でも高い。

 

 

 今回はすごく迷った。磁力を感じる店になかなか会えなくて、不審者のごとく会場を4周ぐらいした。疲れるだけだ。アホで徘徊である。

 そんななかで、ひとつは6粒で1000円ぐらいのリーゾナブルなやつ、ひとつは4粒2000円ぐらいのにして、退散した。ベルギーとパリ。他にもいろいろ美味しそうなのあったけど。

 なぜそこにしたかというと、ベルギーは味見で相性が良かったから、パリは味見がなかったのでジャケ買いだ!!!

うってるやつほぼほぼぜんぶうまいに決まってるから、相性だいじ。運もだいじ。

プラリネのやつ、うまかったけど。

 

 シックで美味しそうなのやつは、4粒3000円からの世界になって、挫折したけど、そっちのほうがよかったかなぁ。

 

 今年は板チョコにこだわりたかったが、予想外にはるかに高すぎて買えなかった。

 

 

 

 これはiOSのアプリで下書きをしたら、なんだか、ちがう。

 

 

 はてなハイクにりきゃぷちゃ?がでてきてどうしても突破できない。他のひとは描き込みできてるみたい。拒否られてるのかなしくしく。