のこのこ茶ぶろぐ

chaoruko@HatenaBlog(旧:脊髄反射でオブラート)

声優さんめも:山口勝平さん(あるいは牧之介めも)

 以前からいろんな役で知っていたはずだが、バキーンと認識したのは、『烈車戦隊トッキュウジャー』のチケットくんでナレーションだ。戦隊シリーズを久しぶりにみはじめたこともあった、声優さんには「特撮のナレーション」というお仕事もあるのか!、という驚きもあった。
 ぼんやりしたイメージは「イケメンとギャグキャラクターの声をする声優」さん。
ONE PIECE』ウソップ(2000年)は、さほど声優さんを意識していない時期も、なんとなくだらだらみていたが、トッキュウジャーのころから、Huluで『らんま1/2』(89年)の早乙女乱馬や『名探偵コナン』(96年)の工藤新一などでイケメンぷりを確認した。衝撃をうけたのはつい最近みはじめた『忍たま乱太郎』の花房牧之介(93年)だ。93年ぐらいからこの役をやっているのだから、かなり古いキャラクターの一人だが、つい最近まで知らなかった。惜しい。

 牧之介はキャラクターだけでもかなり理不尽で強烈だ。個性豊かなキャラクターがひしめく忍たまというギャグ漫画の世界においても、なおその世界を凌駕する。はじめて見たとき、あまりのインパクトにいろいろもっていかれた。シーズンに2,3度ほどの登場だが、一度みたら忘れられない。顔も体も異常にでかい。
 そして彼は、いろいろ台詞が多い。とうとうとしゃべる訳ではないが。本人はいたってまともに、真剣に、普通の主張をするように変なことをいうし、行動する。それが、この勝平さんの職人的気質を現在もアクティブな役柄の範囲にといて最も堪能できるのではないかと思うわけである。それゆえに、牧之介はすごく迷惑なお近づきになりたくないキャラクターであるのに、ものすごく見入ってしまう。魅力的でないのに魅力的。そして主人公たち少年3人が、クールにぼろくそに酷評することがが成立してしまう。いまどき珍しい。(最近のこの放送局はまったく真顔でストレートに綺麗なことばで毒を吐くのがもっともうまい放送局ではあるが)

 牧之介は道化がたくさんいるような忍たまの世界においても道化師だ。正常を逸脱したギャグ世界における、なおかつの、規範の逸脱。そういった超越さを演じる勝平さんは、本当にすごい。ツイッターなどをみていると、最近は落語に挑戦されているようで、さもありなんと思った。話芸ですぐこの日常世界と境界の向こう側を往き来する感覚を起こさせる。そういうことができそうだ。


 乱太郎はコナンで、きり丸はルフィなので、とても長く深く業界にいるのだな〜としみじみしたり、ニヨニヨしてしまう。牧之介とウソップはどこか似たところがあるけど。
 牧之介はアニメの公式サイトのキャラクター紹介 忍たま乱太郎 乱太郎となかまたち では、「家族やおともだち」のカテゴリーにいる。おともだちなのねよかったね。


 左下の車掌さんの関根さんの手のところにいるのがチケットくん。

スーパー戦隊シリーズ 烈車戦隊トッキュウジャーVOL.1 [Blu-ray]
TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D) (2014-07-11)
売り上げランキング: 55,115


 参考画像。高い。