のこのこ茶ぶろぐ

chaoruko@HatenaBlog(旧:脊髄反射でオブラート)

『忍たま乱太郎/ドクタケ温泉の段』の感想

 先日アニメ25周年で再放送された、15周年の作品(2007年5月が初回放送)。15シリーズの途中。いまとはいろいろ違うらしい、自分のイメージしていた忍たまに近い作品。

  • 子どもたちが多くてかわいい(ドクたまたち!)
  • 変な老人がいっぱいでてくる
  • 話がのんきでめちゃくちゃでたのしい
  • 滝夜叉丸がとってもチャーミングであることがわかって困る
  • 利吉さんがまじ利吉さんで食べるシーンあたりちょっとやばい
  • 土井先生ときどきナゾのドヤ顔

 などなどが確認されたのでうれしい。
 数日後に放送された、25周年作品は、これをオマージュしているところもあって、それもいいなあと思った。
 作り方が、10分放送も検討されたらしいので、10分ごとにオチがはいる、テレビ版を連続でみた雰囲気になっている。
 最初のほうのスラップスティックなおいかけっことか、わりと好きなんだなあと知る。

 わたしのおぼつかない調査の範囲では、16シリーズからハイビジョンになったり、上級生もふーちゃーされるようになったらしいので、15シリーズはかわいらしい子どもアニメの最後の時期なのだろう。わりとこういうノリも好きなので再放送とか配信してくれたらいいのになと思うけど。
 変化が、いいとかわるいとかはなくて、原作を読むと、原作もそのように変化しているのだから、まあ自然なことなのかなと。アニメのほうは、オリジナルのシリーズとか作れるようになって、アイデアは増えたのかなあ。魔界之先生や花房牧之介がめちゃくちゃ世界でずっといてくれたらいいのかなと思う。(といいつつ小説めちゃくちゃ美味しいもぐもぐですけどまあ公式の二次創作みたいなもんよな…)


 20周年スペシャルの本編43分のDVDに、映像特典として48分のドクタケ温泉が入っているらしい。ややこしや。

DVD「忍たま乱太郎」20年スペシャルアニメ 忍術学園と謎の女 これは事件だよ~!の段
Frontier Works Inc.(PLC)(D) (2014-01-29)
売り上げランキング: 24,018