脊髄反射でオブラート

chaoruko@HatenaBlog

ドクター・フー入門〜初心者のための初心者による〜

 Huluに、吹替が来た!
 というわけでドクター・フー初心者が初心者にオススメする!
 みんなで観て、全シーズンの吹替配信とHDリマスターを、HuluとBBCさんにお願いしよう! 関俊彦さんのテナントさんのドクターがみたーい!(そこか)

ドクター・フー Doctor Who とは?

 イギリスのテレビドラマ。歴史は古く1960年代から。途中で長く中断している時期もあり、ここでの紹介は、2005年以降のモダンとか新シリーズとかいわれるやつ。イギリスではとてもひろく親しまれていて、世界中にファンをもつ。視聴者層は、子どもから老人まで。ドラマのジャンルはSFで、だいたいタイムトラベルもの。イギリスの歴史上の人物がでてきたり、ものすごい未来のイギリスや地球、宇宙のどこか遠い星まで、縦横無尽。
 一話は45分。たまにスペシャルあり。1つのシリーズが13話ぐらい。2005年以降では、シリーズ1からシリーズ10まで放送されていて(約130話??)、この期間、主役を演じる俳優は何度か代わっている(後述)

主人公はフーさんなの?

 主人公の名前は「フー」さんではなく、「ドクター」で、異星人。外見は一応ふつうの人間にしかみえない。ドクターだが、医者や博士というわけではない。長生きしている高度な文明のエイリアンなので、いろいろ知識も経験もあるが、万能ではない。屈折している。 
 ドクターは何回か再生する(再生する前に一度死んでいるのか、傷んでいるだけなのか、まだしらんけど)。再生すると、外見がかわるという設定。それで、2005年以降のあいだに、主人公を演じる俳優は代替わりしている。再生後も、前の記憶はあるらしい。
 違う外見になったとき「これがドクターだよ」というわかりやすい目印はない。いつも同じ格好ではないのだ! かなり全然違うのさ。共通点はほとんどない。外見(演じる俳優)がかわれば、服装も好み(好き嫌いとか)も変化するという、うまい設定。よって常にその人の魅力や、その代のドクターが魅力的になるらしい。

主人公的アイテム?

 一応ひみつの道具的な、太い指示棒みたいな、ペンライトみたいなアイテムをもっている。だがそれすらも、ドクターの姿がかわると微妙にモデルチェンジしている。そしてさほど万能ではない。名前はなんとかドライバーという。ドライバーだけど、プラスのドライバーとかマイナスのドライバーとかそういう形はしていない。かなりペンライト。

相棒的な存在がいる?

 レギュラーで、ドクターといっしょに行動するキャラクターがいる。その人物は、ドクターの助手や相棒や家族や恋人でもなく、「コンパニオン」と呼ばれる存在である。(日本でコンパニオンというとややこしいがそれは忘れて)コンパニオンは特にきわだった能力があるわけではなく、ふつうの人のようである。ドクターとコンパニオンの関係は、ドラえもんのび太くんでも、ホームズとワトソンでもなく、見所のひとつらしい。

タイムトラベルする?

 ドクターたちはタイムトラベルするが、その乗り物、移動手段は、でかい青い電話ボックスみたいなものである。この外見は、「60年代のポリスボックス」であるらしい。このターディスは、外からみると、中が見えない木製の電話ボックスだが、中に入ると、宇宙船的空間が広がっている。タイムマシン兼住居なのかしら謎。

吹替がだいじ?

 イギリス人はよくしゃべる(らしい)。台詞の量がともかく多い。ホームズ、ポワロ、シャーロックとか、ミステリィだから台詞が多いのではなく、どいつもこいつもよくしゃべる。かつ、なかでも、ドクターというキャラクターは、鬼のように早口でペラペラペラペラしゃべる。なので、字幕も早いし、全部は無理だし、字幕に気をとられていると、画面で何をやっているかわからなくなる。よって、初見や慣れるまでは、吹替が必須。ありがたいことに、吹替のクオリティはめちゃくちゃいい。
 だがしかし、Huluの吹替はS5からしかない。S1からS4は、少なくともS1とS2は吹替は存在する。なぜS5からなのかは、制作体制がかわったりとかなんだとか、日本の担当企業がどうとか、大人の事情かな。

 S1とS2については、vapのサイトがある
 http://www.vap.co.jp/doctorwho/index.html

途中からでいいのか、全部みるのか?

 エピソードはS1からだとざっくり130話以上はある。ぜんぶみなければならないのか。S5からみるのでかまわないのか? とりあえずはHulu、シーズン5の第1話『11番目の時間』を吹替で観てみよう。シーズンの初回で、11代目ドクターのお披露目回。
 S1の最初から字幕でみると、たぶん挫折する。台詞が多くて早いので、字幕ばかりをみていると、画面が目にはいらなくなって、何をみているかわからなくなってしまうからだ。
 だがS5をみはじめると、たぶん前のシーズンがみたくなる。よってS5とそれ以前を平行でみるのが良いと思う。邪道ではあるが!。
 Huluにあるエピソードやスペシャルは、ほぼ順番通りだが、ドクター・フーのエピソード一覧 - Wikipediaによると、S7スペシャルの『ドクターの時』と『ドクターの日』だけ順番が前後しているようだ。

シーズンと「n代目」は一致しない??

 さて「シーズン5」で「11代目」とはどういうことか?
 ドクターは再生すると(ドクターを演じる俳優がかわると)、n代目のnの数を増やしていく。

  • 2005年以前:初代から8代目まであったらしい
  • 2005年以降:9代目から12代目まで(つぎは13代目)

 現在(2017/08 上旬)Huluに吹替があるのは、2005年以降のシーズン5かつ11代目が始まるので、そこから観ましょう、ということである。(イギリスでは12代目がほぼほぼ終わって、13代目ドクターのキャストが発表されている)


 S5からの11代目ドクターは外見はちょっと癖があるけど、吹替もすばらしく、とてもかわいい魅力的楽しい。最初のうちは、なにやってんだこいつ…?、という呆気にとられるほどの驚きが満ちているけど、異文化交流の意味も含めてぼちぼち慣れていきましょう。そこには、無限の想像力と冒険と感動があなたを待っている。日本のドラマでもない、アメリカのドラマでもない、ミステリィでも昔の話でもない、イギリスのよどみとパワー全開のドクター・フーの世界にぜひ飛び込んでみよう。