脊髄反射でオブラート

chaoruko@HatenaBlog

ブルーボトルコーヒーでマグカップで飲む

bluebottlecoffee.jp

 ブルーボトルコーヒーというお店にいってみた。ミーハーなので以前から気になっていたが、遠出をしたり並んだりするほどではない。ついでがあって、品川店にいった。


 ブルーボトルコーヒーはなにかというと名前の通りコーヒーショップで、スタバのようでもなく、純喫茶でもなく、ドトールでもないところである。一杯ずついれてくれるので、しばしまつ。
 注文のときに、紙コップかマグカップかきかれて、席の確保はできていたので、当然のようにマグカップにした。スタバでもマグカップで頼む。
 それが来て驚いたのが、透明な丸っこいマグカップだった。そりゃ、注文するときに、レジで、アーティスティックに並べられた容器見本をみたのだけど、ワインを飲んだ後だったせいか頭がまわっていなかったらしい。
 なぜ透明な、と妙に驚く。ちょっと持ちにくい。


 味はふつー。
 おいしいほうだと思うけど、イタリアンのあとだったので、ちょっと弱かった。エスプレッソにすべきだった。今度はエスプレッソ飲んでみる。


 周囲を見回すと、みんな紙コップで飲んでいた。そうじゃないと、あのブルーボトルの絵がはいっていない。マグカップは透明でロゴもなにもないのだ。フォトジェニックじゃない、インスタグラム的ではない。


 まあどうしてあんな立派な場所に出店できるかよくわからない。よほど大きな資本があるのだろう。お店は広くはないがシンプルなこだわりぬいたデザインてゆーかんじで、セレブ感増し増しになったクイーンズイセタンとまあまあマッチする。


 スタバばかりなので新しい店はうぇるかむだ。目下のところは、これくらいならホノルルコーヒーはいんないかなと思った。いや、また行って酔っぱらっていないときに飲んでみるけど。