脊髄反射でオブラート

chaoruko@HatenaBlog

エアコンにスプレー

 暑い。五月というのに暑すぎるので、エアコンの掃除と試運転をした。したらすぐに涼しい日が続いた。そのすきに、ドラッグストアで、エアコンにするスプレーを買ってきた。二本でまとめ売り。試運転のとき、ちょっといやな空気を感じたのだ。昨年もスプレーは使ってみたのだが、まあ気休めかな、という感じだった。しかし今年もやっぱり不穏な風なので、また買ってきた。そこからエアコンを使うほどではない陽気が続いていたから放置していた。やがてまた暑い日が来た。猛烈に暑い。五月に真夏日だと。そのうえ湿度がしんぼうたまらんので、いよいよスプレーをすることにした。


 缶の指示にしたがい作業を行うのだが。小さいはしごにたって腕をのばして、スプレーする。1台のエアコンで1缶使い切る。すばらしい勢いで噴霧されるが、なまりまくった二の腕はつりそうになる。高温高湿度の日に、1台やっているあいだに汗だくになってしまった。しばらく休んで呼吸を整える。だが2台目は息も絶え絶え。もしかしてお腹がすいていたかのかもしれないけど。


 しばらく放置してから、除湿の試運転開始。最初の匂いは猛烈だったけど、やがておさまり、除湿なので冷たい風ではないが、じわじわと快適になってくる。室内の湿度計で70近いのが、じわじわ下がっていく。時間はかかるけど、ものすごいしんどい状態はかなり軽減される。うれしい。


 ついでに、何年ものかわからぬそうめんをゆでて食べた。そうめんは湿度が高い時期に食べるものであるかもしれん。