読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

脊髄反射でオブラート

chaoruko@HatenaBlog

バルバッコア丸の内店で食い過ぎる

Barbacoa | 丸の内店
東京駅 新丸ビル6F


 あこがれのシュラスコ。肉三昧のシュラスコ。南米の情熱シュラスコ。先日、計画性もなくバルバッコア丸の内店にいってきた。当日に電話したので、夜8時以降の予約になる。事前に検索したところ、そこまで敷居は高くないようだが、新丸ビルだし。汚くはないがきれいめだろうかどうだろうかな格好でこっそり緊張しつつお店へ。雰囲気は気楽だが、サービスは予想外にしっかりしている。


 メニューは、肉とサラダバーの食べ放題の1つしかない。そこに、飲み放題をつけるかどうか、どの範囲まで飲み放題にするかどうかで値段が変わる。そんなに飲まないので、食べ物のみ。


 中央にあるサラダバーが、うつくしい、おいしい、珍しい、たのしい、のである。変わった野菜が多く、しかもどれも美味しい。ハムもチーズもドレッシングもある。家庭料理もある。ここで食べ過ぎたら、肉が食べられなくなる。

 お肉の食べ方は最初に店員さんが教えてくれる。

 目印をだしておけば、お肉をもった人がきて、例えば「サーロインです、いかがですか?」という塩梅に、確認をとってくれる。食べる場合はお皿に切ってもらう。その肉は遠慮したいばあいは、「いいです」と見送る。目印をだしているあいだはどんどん「〜〜いかがですか?」ときいてくる。落ち着いて食べたい場合は、目印をひっくり返しておく。お肉はいろんな種類がある。自分が食べたいものがいつどのタイミングででてくるかはわからないので、慎重に。最初に鶏肉とか豚肉とか、でてくると、牛が食いたいのに、と思うだろう。うっかりサーブしてもらっても、皿に残していればいい。


 どれも美味しいのだが、焼くときに使用されると思われる油と塩こしょうがけっこうすごい。かなりきいている。ワインも飲み放題にしているとたぶんすごい飲んでしまう。ワインがすすむと思う。マテ茶もメニューにある。お水も美味しいし、継ぎ足してくれる。気をつけて飲み食いしないと、あっという間にお腹がいっぱいになる。


 お店の内装やスタッフの動きはかなり洗練されていて高級店だが、サラダバーやお肉のサーブでお客も店員も動き回ったりで陽気な雰囲気。小さい子ども連れの大人数のグループもいた。誕生日だと、店員さんがスペイン語ポルトガル語??でハッピーバースデーを歌ってくれる。


 立地、内装、お肉、野菜などの味、スタッフの洗練度を考えると、お高いけど妥当で満足度高い。珍しい美味しい野菜が多くてすごく楽しかったし。落ち着いて話がしたい人はいってはいけない。美味しいものをたくさんたくさんわさわさにぎやかに楽しく食べたいときにはオススメ。