読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

脊髄反射でオブラート

chaoruko@HatenaBlog

『真田丸』最終回を観た

 実際にちゃんと観たのは、三分の一ぐらいかもしれない。それでも最近こんなにみた大河ドラマは久しぶり。楽しかった、面白かった。
 全体での視聴動機付けは大泉洋さん。前半の西村雅彦さんも。退場回はとても良かった。後半で時々「ガガーン!」ときたのは、伊達政宗を演じる長谷川朝晴さん。もともと知っている俳優さんなのに、伊達政宗が登場すると、集中力が「くわっ」とあがってる感じだった。信繁と政宗の最後の戦場のシーンなんて、あれだけでしびれましたよ萌えました。
真田丸』のすごいところは、毎回毎回、一話ずつが面白いところ。基本は史実なので、坂本龍馬以上にみんなだいたいのストーリーやオチをしっている。(自分はかなり日本史をしらないのでしらないことばかりだが。)それでも毎回が面白いし、全体でおもしろい。大河ドラマが毎回こんなだったら楽しいのにぃ。
 主人公はもともと主役キャラではない(らしい)ので、主役なのに観察する側にたつことが多かったが、これは今後の大河ドラマでも取り入れたらいいのではないかと。主役以外の誰かに着目した物語。人物造形も深くなるし、中だるみも回避できる。一年間長いもんねぇ。
 良かったことはいろいろあるけど、「番組がオープニングからはじまること」もそのひとつだ。どのドラマも、基本はオープニングから始まって欲しい。こんかいつくづくそう思った。
 はじめて堺雅人さんの演技がいいと思ったし、絵になる人、美しい人だなと気付いた。ちょっと心許ないところもあるけれど、馬上で赤備えがよく似合う。甲冑を脱いで疲れた姿も美しい。演技で美しく見せる。これはすごいことだ。本人はかぎりなくあやしいひとに見える。しばらくは子育てに専念するのだろうか。ぜひそうしてほしい。
 信繁と家康の最後の対決はは、舞台をみているようだった。鉄砲?? でてくるし。フィクション、これこそ。こういうのがあるから、楽しい。ニッコニコの秀忠が登場したと思ったら、煙幕どかーんとにぎやかなこと。
 長澤まさみさん演じるきりちゃんは、最初から大応援していたので、本当に良かった。こんなかっこよくてセクシーでかわいくてこんな仕事できるの、最高。信繁にはもったいないくらい。怖かわいい松岡茉優ちゃんとのやりとり、もっとみたかった。共演はまたの機会に期待。


 次の大河も楽しみにしているけど、三谷幸喜のあとはやっぱり大変だろうか。でも『ごちそうさん』ですよ。あのどうってことのないとくに大きなうねりもない物語を、我が家は何故か完走したから。テレビドラマを見続けるのは、そのときたまたま見続けられる条件があるとかないとか、巡り合わせもあるけれど。真田丸と時代がかぶるようなので、日本史にうといひとには忘れないうちに再学習できるのもよいかも。