脊髄反射でオブラート

chaoruko@HatenaBlog

ホビット 竜に奪われた王国 エクステンデッド・エディション

 日曜日に観た。追加シーンや長くなったシーンが増えて、ようやく話の流れがわかったというパターン。上映用はきっとスマウグさんのほうに重点をおいたのでしょうなぁ。

 以下ネタばれあり。


 映画館で観ていたとき、

  • ビヨルンさん唐突に親切だな!
  • こんなに凝ってるビヨルンさんの家なのに、もうおわり?
  • ガンダルフ唐突にどこいくの?
  • え、もう迷子のシーン終わり?

 など、気になっていたところが、ぜんぶ解消されました。大変だなぁ監督わ。

 後半の追加でびっくりしたのは、ガンダルフにある人が襲いかかってくるところ。驚き度は一番だった。あのくだりは、延々ガンダルフだけで、ちょっと映画的に地味かな単調かなと思っていたら、こんなことになっていたとは…!

 レイクタウンやバルドの何ネタ?が追加されているのは、良いですね美味しいですね。レイクタウンももうちょっと観たいと思っていたので、とてもうれしい。

 EEのほうが、映画としては良くなっている。3時間超えにして、インターバル挟めばいいのになぁと思うけど、そういうわけにはいかんのかねぇ。