脊髄反射でオブラート

chaoruko@HatenaBlog

あかさん

 初の姪っ子が生まれた。まだ生まれて十日もたってない赤さんを見てきた。

 赤さんはくうくう寝ていて、なかなか目を開けて見せてくれなかった。真夜中になると「ぎゃん泣き」して、母親を疲労困憊にさせているらしい。

 赤さんはくうすか寝ていても、3時間ごとに起こされて授乳されるという。そういう方針だそうな。寝ているのを起こすのも一苦労。揺すったりくすぐったりしてもなかなか起きない。

 やっと起きても、目を真一文字に閉じたまま、くっくくっくとミルクを飲む。飲み干したら満足げにまた寝る。夜になってきたので多少アクティブらしく、指の長い手をぐいぐい動かす。

 

 赤さんなのに、手足の指が長いのだ。

 

 半分寝ているような起きているような状態で、ラッパーみたいにときどき指を伸ばして手を伸ばす。口をむぐむぐする。ほおは柔らかく大福のようだが、自分の爪ですでに両方に長い傷がはいっている。生まれてきてすぐからそんな傷があるらしい。

 

 伸びたり、伸びたり。赤さんが伸ばす手は22世紀にも届くかもしれないかと思うとそりゃすごい。

 

広告を非表示にする