のこのこ茶ぶろぐ

chaoruko@HatenaBlog

雑文

安楽死は死ではなく生の問題である

テレビ番組がきっかけなのか、安楽死の話題がちらほら。もしああいう立場になったときにどうするだろう、自分にはとても無理、そもそも金がねえ、あれこれ。が、たぶん、みんなすぐ忘れる。安楽死は死に方でなく、生き方の問題だ。死に方を選ぶとか、どう死…

『ここはグリーン・ウッド』とかについて

とつぜんの舞台化の話題で、そわそわする界隈。 ガチのリアルタイム読者としては、なんだかもう、すげえな、の一言に尽きる。アニメだってすごいのに。 グリーン・ウッドといえば 「最初は『ガラスの仮面』の穴埋めではじまった短期3回の連載だった」 であ…

バズワードを叫べ

ツイッターで、大きな事件や、診断系のバズワードをのきなみスパム認定し、ジャニーズもFGOも、ときどき面倒臭くなってスパムにしてしまうと、いったいなにが残ってんだろう、となる。自分のタイムラインは、そんなこと、ぜんぜん関係ない人が多くて、しかし…

キレるかキレないか

自分はつくづくキレやすい人間で、じんせいの前半にけっこうかなり怒っていた。同じくらい笑っていたから、そんなにおかしくないと思うけど、笑う量と怒る量は、そんなに等しくないらしい。 こどものころはそれでやり過ごせるが、大人になるとなかなか厳しい…

深い深い地面の底

副都心線と大江戸線がわからない、と思ったら、地下鉄に乗っていたころ、まだなかった路線だったからだ。乗り慣れていない、というだけのことである。 遭遇するたびに、大深度地下の駅にはびっくりする。エスカレータを登っても昇っても、改札にたどり着かな…

バイオリンときんにく

G線での音がとくに汚い。だんだんマシになってきたが、きざむと雑音がひどい。 ボーイングの練習。開放弦で、8、4、2、1、8分音符、16分音符、三連符とかきざむ。G線以外はまぁまぁなのに、G線はひどい。 なんでかなーわからんなー、とザカザカやりな…

ケンジのみそらーめん

マンガの中でも美味しそうなものが、ドラマの中でも、完全に美味しそうだった。売り上げに貢献した。 豚バラはないのでひき肉を少し、白菜はないのでキャベツ、野菜があればよかろう、たまごは朝食べたので省略。 作り始めて気付いた。ケンジの作り方は、ス…

好みのタイプのはなし

「やさしい、かしこい、かっこいい」 である。自分がどうだとか、ぜんぜん考えたことなどなかった。だって好みのタイプのはなしでしょ? 自分のことなんて、どうだってええやん?? 自分が計測できる範囲をみていると、恋愛に対して理想が高すぎてかつ最初か…

書いていると眠くなる(宣伝)

眠いから書いているとちゅうで眠くなるのか、書いているからこそ眠くなるのか、書いている内容がつまらないから眠くなるのか。 たとえば、英語の勉強をしていても眠くなる。むずかしい気象学の本を読んでいても眠くなる。小説を書くことは、眠くなる。勉強に…

織田裕二のなにか

踊る大捜査線の映画を家で流していてチラ見。じぶんは世代のはずだがテレビも映画もそんなにしらない。むかしの話だし、いまのように録画も配信もないし。 クセがあってところどころすごくイライラするけど、おおむね面白い。織田裕二も嫌いでない。振り返れ…

朝ドラのイケメン俳優的なもの

朝ドラのイケメン俳優とか、話題になっているけど、写真を見てもぜんぜんぴんとこない。もしドラマをみて、芝居をしているところが魅力的なら、それは外見以外の魅力があるんだろう。でも美男美女は、それをなかなか評価してもらえない。 じぶんはアラフォー…

正社員になる!CMのふしぎ

雨に打たれながら若い男性が、彼女など大切な人に意を決して、 「正社員になる!」 と叫ぶCMがある。はじめてみたときから、普通に謎なのだが、なぜ「正社員になった」ではないのか? たぶん求人系のなにかの宣伝なので、「なった」では、なれない場合に苦情…

長い連休が終わった

毎日が夏休みの穀潰しには関係ない。わけではなく、逆に、お昼ご飯をしっかり作る回数が多くて働いた気分。ただし夜は酒のつまみばかりが、後半にいくほど増えた。 一日に美容院にいって、夜に飲んで帰ってきたら、あやしくなってきた。 それでも昼は、パス…

わたしはだれの時の支配を受けるのか

元号は人間の寿命に関わるものだから、長くても80年間、生まれたときから天皇だったとしてめちゃくちゃ超がんばって110年ぐらいである。そのたびに、時代の名前をかえて、前の時代といまの時代を区別する。 いまの時代、そのメリットはどれだけあるのか。実…

チヂミを三日続けて焼いく

にらチヂミ byコウケンテツさん 1回目、上新粉はないので小麦粉で、ニラはないのでネギでやって、かつ焼きすぎたけど、おいしかった。 2回目、ニラ登場、上新粉の代わりに片栗粉で。もちもち増し増し? どちらかというと薄いのがいいので、やはり上新粉が…

化粧品のサンプルはらすめんと

ドラックストアで会計のときに、こちらサンプル入れておきますね〜と、軽く言われたものが、家に帰ってよくみてみたら、すごい年上向けのブランドだった。 CM出てる人の年齢をみたら60代と70代で、殺意がわいた。わたしは40代だ。 応対してくれた店員…

ささみは焼くのがうまい

ささみは焼くのがうまい、と、料理番組で話していた。そう、そうだよねえ、いちばん簡単だし。次回からぜんぶ焼くわ。 味が淡白で、食べたいけど、買うたびにいつももてあましていた。あほみたいだ。とにかく焼けばいいのさ。塩コショウ、バリエーションつけ…

エアコンの除湿の試運転

まずフィルタの掃除をする。最後に、暖房で動かしたのは、いつのことだか覚えていない。はしごでのぼって、あけて、取り出してみると、けっこうそれなりにホコリが溜まっていた。凝視してはいけない。掃除機でばうーと吸い込む。 除湿の試運転といっても、と…

『執事 西園寺の名推理』の粒度

『執事西園寺の名推理』は粒度が変えられる、距離をかえてみることができる。流し見で耳だけでもよい、台所をしながら眺めても楽しい。かぶりつきでも楽しめる。これは大変質の高いドラマの証拠である。このような作品は、ほかには刑事コロンボの吹替版ぐら…

本を読んで泣く

本を、物語や小説を、読んでいるときや、読み終わったあとに、泣いたことがない。漫画で涙することは頻繁で、映画や音楽ではちょいちょいあるが、本はない。 これは、 「えー! そんなバカな!!」 な話なのか、 「いや、本じゃ泣かないよ、文章を読んでるん…

はてなハイクの好きなところ

はてなハイクのいいところは、必須ではないが、基本的にキーワードのコントロールがあったことだ。必ずしも大喜利を意味しない。とても限定的であったり、ゆるすぎてしばりが弱いものもあった。しかし、強度はさまざまだが、キーワードの支配をうけつつ誘わ…

羽根付き餃子のお店で

羽根付き餃子の系列店が、いちばん近い最寄り駅にもある。つい最近知って、牛角が入れなかったのでいってみた。 わりと有名なのに、そのお店はあまり有名ではない。駅から少し距離があるせいだろうか。 店構えはそんなに古くもなく、新品でもなく。二階に通…

レコーダーを整理する時間

観るために録画して、観たら消せばいいのだ。だが、なかなか観なかったり、観たけど残したいものがあって、レコーダーの容量はぱんぱんになってくる。仕方ないのでダビングしようとするが、ダビングは実はわりと時間がかかる。CMがある場合はカットしたいし…

コーヒーとラスクと

ドトールでミラノサンドを食べる。ミラノサンドはずっとおいしい。はじめて食べたのは就職活動のときで、就職活動のあいだ、よく食べた。就職して社会人のあいだも、近くにあるときはときどき行った。ミラノサンドだけではちょっと足りないので、サラダをコ…

かの吹替

アクセス数を稼ぐ唯一の記事を、削除した。惜しいけど、何年たってもごせんえんにはほど遠いし。はっせんえんだっけ? まあいいさ。 それはとある黄色い連中がわんさかでてくるアニメの吹替について、強く批判してる内容だ。いまでもその気持ちはかわらない…

20年ぶりにバイオリンの基礎練習ってなんだ

バイオリンを思い出さねばならない。 否、実質初心者状態であるが、とも言い切れない。 しかし、そもそもこどものときはまじめにやっていないし、やる気がでたときには先生しばらくいなくなるし、また先生に習えたが、また一年ちょっとぐらいで終わってしま…

ショーケンの番組

世代じゃないけど、知ってる。すごいアイドルだったとか、カリスマ的人気の役があるとか、麻薬とか、何回も捕まってることも、離婚もいっぱいしてるとか。 特集番組をみていたら、自分は彼を、俳優として認識していたのかな、と思った。目がたいていいっちゃ…

20年ぶりくらいにバイオリンを弾く話

小学校のとき5,6年ほどまでと、高校のとき半年か1年ほど先生にならった。高校のとき管弦楽部。大学から社会人のはじめのころ、計3回ぐらいオケの演奏会。おおむね社会人生活と両立できなくてやめていた。大学で、合唱団に入ったことは後悔はしていない…

はてなハイクは何が違ったのか考えた

終わってしまった「はてなハイク」。 はてなハイクは、自分にとっては、逃げ場所であり、休憩場所であり、ほっとする場所であり、ハッとする場所であった。なんでそんな場所になっていたのか。自分は何から逃げて、何から休憩しようとしていたのか、ちょっと…

スポーツの熱狂とエンタメの熱狂

スポーツとエンタメ。世の中的なカテゴリーはいっしょくたで、以前はなんでいっしょにされるんだよと悪態をついていたけど、まあいっしょだよなと、近頃ようやく思っていた。が、熱狂の度合いとかタイプがぜんぜんちがう、と世界選手権を観に行って思った。 …