読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

脊髄反射でオブラート

chaoruko@HatenaBlog

『ドクター・ストレンジ』2D吹替版が最高の最高だった

エンタメ

 観たのは水曜日レディースデーで映画の日。いつもならぼんやりとしたおばさんばかりだけど、家族連れ、男子ふたり組、男子三人組など、いつもとはちがう雰囲気。IMAXでの、さぁこれから観るぞ!!、な上映に比べると、ゆるい。(値段もだいぶ違うからね…)


 さて吹替。吹替ですよ。吹替なんですよ。ベネディクト・カンバーバッチの吹替といえば、そりゃもうな感じで三上哲さんですが。それはもうもちのろーんで最高だったが、


 ぜんぶすばらしかったーーー!!(大の字)


 樋口可南子さんが本当に本当にすばらしくてありがとうひきうけてくださってと土下座感謝したい。最近はすっかりホワイト家のお母さんなのだけど、ちゃんとした女優さんなんだなあ。ゲゲにょの松下奈緒さんも少し低めの声で落ち着いて、驚いたりするところはかわいらしくて、クリスティーンにあっている。洋画とくにマーベルの有名人非声優枠でこんなに良かったことはないのでわ(そんなにみてないけど)。
 マッツの吹替はレクター博士と同様に井上和彦さん。かつてはイケメンのお兄さんの代名詞の一人だったけど、最近はすっかり非人間かつ悪役づいていて、そりゃもううまいにはきまってるけど、カエシリウスはどうなのかしら〜なんてちょろっとでも思ったのがあほでした。声の質は似ていないのに、あってる。かっこいいし、にくらしいし、かつ長い台詞のところ、マッツでも感動したシーンだが、吹替でもぐっときた。
 女優陣とは別の意味で「大丈夫か…?」と思われていた、モルドの小野大輔さん。第一声イケボで笑ろたではあるが、すごいよかった。私のなかのイジョフォーさんのモルドは影のあるイケメンインテリなので、小野Dさんはまっていた。モルドの表情ともすごくあっていた。顔の動きにどんぴしゃでさすが。でもモルドの顔がうつっていない瞬間は、もともとジョジョの雰囲気と似たところが多いので、かなり承太郎でちょっと笑ってしまった。洋画洋ドラの吹替で大きな役はまだないみたいなんだけど、こういう感じの吹替はすごく好きなのでもっとやってほしい。
 ウォンの田中美央さんも妙につぼって大好き。モルドとウォンの吹替は、タイミングのはまりっぷりが爽快なくらい。王道なのだろうか。次回作は、中の人的にもモルドとウォンの出番やおしゃべりや台詞が多いといいなぁ…。


 さて三上哲さんによるストレンジの吹替。みた人の感想を読むと、吹替だとシャーロックにみえてしまう人もいるようだが、わたしは逆。吹替のほうがそれぞれのキャラクターにみえる。吹替でみたのは、シャーロック、STID、今回のストレンジぐらいなのだけど(トータルの尺はながい)。IMAXで最初に字幕でみたときは、知っている俳優さんが多い故か、キャラクターより俳優さんに意識がいってしまった。吹替のほうが、それぞれのキャラクターや物語や世界に没入しやすいし、できた。二回目だから落ち着いていたせいもあるかも。
 ストレンジがおしゃべりで、ぺらぺら始終しゃべっているというのも、吹替で気付いた。エンシェント・ワンもけっこうたくさんしゃべっていた。台詞の説明が多いから、語りができる役者、吹替じゃないと成功はなかっただろう。ストレンジは映画のなかでヒーローとして目覚めていくから、立場や気持ち、表情の変化があり、その多彩さをベネディクトはみごとに演じているから好きなのだけど、吹替もそれにばっちりはまっていて、きっちり楽しい、とても良い仕事だった。


 吹替はともかくも圧倒的に俳優の目や表情をガン見できる。ストレンジは表情がくるくるかわってかつ美しい。カエシリウスも、冷酷な悪役なのにちょっとした表情がにくらしくかっこいい。エンシェント・ワンもかわいらしく繊細で、モルドは最初は前向きポジティブなのに、どんどん苦悩が深まるのが地味にすごい。


 日本での洋画や洋ドラの普及や成功には、レベルの高い吹替が必須だ。シャーロックだって、ホームズもポワロも、たくさんのアメリカの医療ドラマや刑事ドラマも、吹替が良かったから、ドラマも俳優も人気がでてきた。人気作の洋ドラはたいてい吹替もすばらしいのに、映画はなぜかそうではない。人気の映画でも平気で地雷が設置される。本人の評判とファンの意識がふっとぶ。
 声優を使えというのではない(下手な声優も多い)。ちゃんと声を出し、言葉が伝わるように話し、役柄を把握し、感情をのせる芝居ができて、タイミングを合わせられるなら、人気俳優でもお笑い芸人でもいいのだ。


 改心のできばえだったこの吹替。これを機に、利害関係者たちは、ちゃんとした仕事をできるひとにやってもらうように、心をいれかえてほしい。誰も幸せにならないことはやめる勇気をもとう。過去のことは水に流すから。再録音版だしてくれてもかまわないし。一度できた映画は寿命は案外長いのだし。

熱量もスキルも足りないけれど書く

日記

 言いたいことはいっぱいある。モヤモヤしていることは日々増えていく。でも、熱量もスキルも足りない。それでも書いている。自分の言いたいことを、うまく表現している人をみたら、リツイートしちゃうけど、でもそれでスッキリしきることはあまりない(たまにはある)。
 若いころは、思ったことをすぐにどんどん書いていた。何も考えずにキーボードを叩いていた。年をとるほど、もやもやが増え、指は迷走する。ミスタイプも増える。言葉がとぶ。文章が成立しない。集中力がない。何も考えずに言葉を発することに、常に迷いやブレーキが発生する。

  • そんなことを知らないの?
  • べつの側面もあるよ?
  • この話の前提はなに?
  • それで何をいいたいの?
  • それはこの場合はあてはまらないのでは?
  • 正論? 理想論? 現実をちゃんとみていますか?
  • 根拠はなに? ソースはなに? 数字は?


 自分のなかの、クソリプユーザーが多すぎる。
 ただの個人に書くものなのに。


 それでも、何度も何度も、日々あきらめながら、ネットにはびこるフォーマットに支配されたブログに悪態をつきながら、残滓しかないながら、書いている。なんののこりかすかももうわからない。


 ツイッターでもブログでも、あなたのことばが読みたい。つたなくても短くてもいい。オリジナルな個性的なものでなくてもいい。たくさんの人が同じようなことをいっていてもいい。それでも、一度自分のなかを通してでてきたことばで、語って欲しい。
 私はなにもうまくないけれど、そう願って、ネットに書くことをやめられない。

『ドクター・ストレンジ』IMAXで観た

エンタメ

marvel.disney.co.jp


 待ちすぎてよく分からなくなっていたストレンジ先生ついにきたー(o゚▽゚)o


 我らがベネディクト・カンバーバッチがマーベルやるってよ、ヒーローやるってよ? ドクター・ストレンジ?やるってよ? 驚きと戸惑いからどれくらい歳月がたったのか本当にわからんけども、ついに日本で劇場公開。めでたい。待っているあいだは、アニメとかで予習していた。ちょっとレオタード気味の、東洋ぽい、魔法使いっちゅーか、あやしいひと。おじさん。うむ了解。


 公開の遅れにベネディクトの来日の気配もなく、公式アカウントはぱっとせず、ネタバレも流せないしみたくないし。公開直前までツイッターのタイムラインは怨嗟にみちていたのに、マッツ・ミケルセン来日とアナウンスがでたところから、ぐるりとひっくり返った。来日はいつかしらとそわそわするファンを尻目に、小島秀夫サンの謎の水面やジャージの写真から「マッツならとなりで一服してるけど」写真が放たれて、屋形船好き焼きからのホームにお招きからの寿司デートと、これでもかと煽りツイートを連投。ファンは感謝しながら毒づいたり感謝したりと歓喜大混乱。映画業界の人はこのおっちゃんだれ? ゲーム業界の人もこのおっちゃんだれ?。両方を知っている人はラブラブ写真に「ォオフ…」とため息をつくしかない。


 まあ、それで、なんとか、やっと日曜日に、観てきた。金曜や土曜日に複数回見ている人が多いから、日曜日にいってもすごい遅い感じだった…。


 観るというか、体験。いままででIMAX3Dでいくつか映画を観てきたが、もっとも「体験」している度が高かった。飛び出るとかではないのに、目と耳と、それ以外の感覚器が動いて受容しているような不思議な感じ。めまいというのとはまた違う。ぞわっとする。上下や高さの感覚が瞬時に惑わされると、ああいう感じになるのかね?? IMAXの映画がだいたいこういう感じだったらIMAXの料金払いがいがあるんだ。


 そして、
 ベネディクトのかっこよさかわいさキュートさ美しさも凄まじいが、マッツなんかも「はーーーー」と卒倒しそうな瞬間が何回もあった。いや、マッツ沼はちょっと…ハンニバルは怖くて観られないし…と踏みとどまる。ティルダさま「うつくしーーかわいーーうつくしーー(T-T)」だし、イジョフォーさんの繊細で強さを垣間見せる表情やしゃべり方に「くっ……さすが」だし(続編やってお願いだからはやくやってこのイジョフォーさんもっとみたいみたいみたい)、個人的にはあまりツボっていなかったレイチェル・マクアダムスさんも今回はすごく共感(まじストレンジクズだよクズ!! かまうこたないよ!)できたし、ウォンさんかわいいし、テンポ良く進むし(カントマンズにいくまでのくだりの長さのちょうどいいこと)、ぐるぐる映像も魔法もアクションもほにゃらかも、


 もう全部最高


 ぜんぶさいこうといってしまうのは、バランスが良いからだ。俳優さんみんな贅沢すぎてうまいし、衣装も小道具も舞台も美しいし、所作が、動作が考えられていて様になっているし、場面というか場所が飛ぶわりにわかりやすいし、脳内麻薬でそうだし、そしてちゃんとマーベルぽいし、どの俳優さんもいろんな表情見せてくれる、観客にやさしい、フレンドリー。どかんどかんとすごい映像の合間に、息抜きシーンや、人で魅せるシーンがあるの、とてもありがたい…。


『ドクター・ストレンジ』は一年に一回しか映画を観に行かない人に、ぴったりのうってつけの映画だと言わざるを得ない。


 はじめてベネディクトとマッツがスクリーンで対峙するとき、


 はっ……


 と意識を奪われるほど強かった。予想していたよりずっとすごい強力で、そこからはじまるシーンのかっけぇことよぉーーー。たいていのアクションはアクション中に飽きるのだけど、こんな美麗なアクションなら長く観ていられる。しかもどのシーンも長すぎず、短すぎない。


 良いものを集め、お金をかけにかけ、かつ、バランスよく配置して使うと、こんなに極上エンタメができるんだなぁと映画の新たなミラを垣間見た。


 あとあと特別版?のパンフレットも最高。こんなにお得感のある、テンションあがるパンフレットは久しぶりでうれしい。

2017年1月第5週の株の素人

お金

 トランプさんのすったもんだで大きいところは下がるけど、小さいところは関係無い。買おうかなと思っていたものが、前日まではほとんど音が動いていなかったのに、いきなり10倍ぐらい上がっていたりすると、宝くじ的妄想をするけれど。


 少し低めの指値で発注。翌日火曜日の朝に買えて、午前中の間に益出しの値段分上がって売られた。
 ようやくトータルでプラスになったいえーい(百円単位)。
 今週終わり。

 というには寂しい(?)ので、次の発注をしてみる。


 びびりなので、注文の時点で益出しと損切りの注文をする。買えたあと、上がりそうだから益出しの金額をかえよう、と思ったけど、変更の仕方がわからない。わからないんだよな…。損切りの変更はできるけど。いつ謎がとけるのか。もっと使い方を読むべきかな。


追記:
 次の株を発注。しばらくあとで買えたが、3分後に損切りの値段分下がって売られた…。

2017年1月第4週の株の素人

お金

 水曜日だけど今週はもう店じまいだ。

  • 某社を買ってみようと月曜日に指値(益出し・損切り)で発注。意外と指値にならなくて買えなくて終わる。
  • 火曜日のアサイチ、指値より安い値段で買えてる
  • 水曜日のアサイチ、買ったときより10円上がって売られる


 発注時の指値、益出し、損切りの設定がはじめてうまいことできた。なるほどそういうことらしいですよ。そのあとももう少しあがっていたので「そのまま持っていたら」なんて思ったけど、すぐに下がっていた。利益がでたのは良かった。 でもトータルではまだ損してる…。



 投資に関する本を調べていたら、持っている本も候補に挙がってた。途中まで読んでいたがまた読み直したら、前回とは全然違う印象であった。

投資や株の勉強

お金

 投資や株の勉強にと本を探したが、本当にそんな本が役にたつの?、という雰囲気の本ばかりがでてくる。

  • 初心者向け
  • 世界の大富豪の本


 しょせん投資だ。そう簡単に他人にうまい話をさらすわけがない。ということだろうか。いやいや、単に自分の知識がおいついていなくて、中間がわからないのだ。

  • 初心者向け
  • (わからない何か)
  • 世界の大富豪の本


 その可能性はでかい。初心者向けの、同じようなレベルのを3冊ぐらい読みたいのだけど、3冊探すのが難しい。同じ本を集中的にくり返すのが苦手なので、同じぐらいのことを3冊ぐらいからだいたい同じようなちょっと違う説明をしていてほしい。それがみつからない。


 つくづく思うのだけど、金融とかお金の話は、高校生ぐらいからやっておいてほしい。税金の話はぜったい中学から。じゃないと頭がすっからかんの中年が量産され続けるばかりだぞ。ちくしょー。

ある小説を読んでいたらある映画のネタバレがあった。

 ある小説を読んでいたら、あるわりと有名な映画のネタバレがあった。


 ぐああああんんん


 と鈍い衝撃を受けた。その映画は有名な監督の作品で、まあまあ有名で評価もまあまあ高いので、いつかは観ようと思っていた。ちょっとヘビーなテーマだから、気力が充実しているときに観たいと思っていた。のんきに本を読んでいたら、ネタバレがするっとでてきた。登場人物が、その映画を観てこうこういうところがホニャラカだった、みたいなかんじでトゥルっと書いていた。


 小説には、実際の固有名詞をだすものと、ださないものがある。音楽とか、小説とか、映画とか、地名とか。小説をきっかけに、その音楽を聴いたり、読んだり、観たり、足を運んだり。小説を読んで、という動機の出会いは、ちょっとなんだかかっこいいし、ステキなイメージがある。主人公が好きだったり、逆にけなしていたり、ただそこが舞台だったり、なんでもいいのだけど、小説における実在する固有名詞のパワーは小さくない。
 だがその小説には、映画のかなり肝心なネタバレがすぱーんとつるっと書いてあった。そんなことはじめてさ。


 もしミステリィ小説などで、ストーリーを進める上でどうしても重要な要素なら、「〜〜に関する記述があります」とか、最初に断り書きがあるかもしれない。ありそうだ。
 だが、「純文学」でそういう断り書きはなさそうだ。だって「純文学」だもの。そんなのがある「純文学」ってなくない? ダサくない? いや、ちくしょう、「純文学」ってなんだ。なんだよ。なんなんだおまえ。


 その小説は、「文体は好きだけど話はおもしろくないなー」という状態で読みすすめていたのだが、映画のネタバレがでてきて「他人には勧められない」本にはなった。けなすかどうかは、まだ最後まで読んでいないから、たぶん、いまさらけなしはしないけど。


 自分の純文学のもっとも現代的なイメージは、北杜夫遠藤周作だ。古すぎる。古いとは思う。でも現代の作家は、やっぱり基本ダメかも知れない。という認識を新たにした。



みんな大好き! 楡家の人々

楡家の人びと 第1部 (新潮文庫 き 4-57)
北 杜夫
新潮社
売り上げランキング: 150,875


おもしろいしそんなに長くないけど重すぎる! いま映画化で話題のちんもく

沈黙 (新潮文庫)
沈黙 (新潮文庫)
posted with amazlet at 17.01.23
遠藤 周作
新潮社
売り上げランキング: 12